-- 生活の音(6) --

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

2010年08月29日

お客さんの特注のアナサジフルート2

これは別のお客さんが特注したアナサジフルートです。

カーリーメイプル(巻き毛模様のカエデ)という高価で美しい木材を採用したほか意匠はふつう。ですがサイズが大きい、隣に並べた標準のlowG#管が二回りほど小さく見えます。
これはlowF#管です。

アナサジフルート奏者スコット・オーガストのYouTube動画 『Quiet Journey』 で、豊かな低音が鳴り響きます。これがlowF#管の音です。

件のお客さんはこの音に惚れて「どうしても演奏したい。吹けなくても買いとるから」★と私に誓約して特注しました。えらいっ、よく言ったっ!あんたの心意気しかと見届けちゃるっ。

…いざ現物が届いてみると、身長167cmの私でもいちばん低い音まで出せましたよ。大男の彼なら大丈夫でしょう、よかったよかった。実は私も 『Quiet Journey』 の音はちょっといいなーなんて思っていました。遅ればせ自分のも注文します(卑怯者です)。
ついでにてみる屋でもクレーム対象外で販売すると決めました。

★ 吹けなくても買いとる
楽器の音に惚れた、是が非でも自分で演奏してみたい。このように思ったとき、その楽器はその人にとってかけがえのないものになります。代わりなんてありえません。演奏できそうだとかできなさそうだとか、こっちの楽器の方が初心者に易しいとか、そんな逡巡になんの意味もありません。その楽器を買う、の一択です。人生を長く共にする楽器との出会いは、これこそが理想だと、演奏者としての私は考えます。

商売人としての私は、覚悟のない人もお客さんとして大切にします。商うとはそういうことだと理解しています。演奏家としての楽器との関わり方と商売人としてのそれとは、倫理が真逆の場合が多くあって、このへん自分の中で折りあいをつけるために日々苦労しています。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

お客さんの特注のアナサジフルート

お客さんが特注したアナサジフルートが先ほど入荷しました。

カーリーメイプル(巻き毛模様のカエデ)という高価な木材をベースに、孔雀石の象嵌★のリングが3カ所(1カ所はいちばん下端)と、精霊ココペリのエンブレムが入っています。

北米古代アナサジフルートは精霊ココペリの笛だと考えられています。精霊ココペリはこの笛を吹いて冬を追いはらい、春を呼ぶのでした。そう考えるとこのココペリのエンブレム入りのアナサジフルートは縁起物ですよ。五穀豊穣、子孫繁栄しますように。

★ 孔雀石の象嵌
象嵌とは、笛の表面を深彫りしたところに孔雀石の破片と硬化剤を練りあわせたものを詰めこんで、木地ごと削りだす装飾技法のことです。インディアンフルートを製作している工房はたいていどこも、このような特別な意匠に応じてくれます。ただし工房によって装飾技法の得意不得意があります。ペイントが上手だったり彫刻がすばらしかったり。アーストーン工房は線描と象嵌が上手です。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

2010年07月09日

イシバシ楽器がトイノーズフルートを販売開始

イシバシ楽器が楽天でトイノーズフルートを販売しているのを見かけました。つまり大手楽器店が利用できるトイノーズフルートの流通ルートが確立されたということです。それはつまり、日本中の楽器店がトイノーズフルートを自由に吊し売りできるようになったということです。

いつかトイノーズフルートはどこでも見かけるありふれた音玩具になるのか、依然としてマニアだけがネット購入するアイテムとしてとどまり続けるのか。

それを言うなら既に多くの雑貨屋・民族楽器店が販売しているベトナム製の木の鼻笛や、陶器の鼻笛・自作の鼻笛などの高品質な鼻笛の立ち位置はどうなっていくのか。

興味深く見守っていきたいところです。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

2010年05月15日

ひさしぶりにインディアンフルートを吹いたのでした

『上海のインディアン少年』という曲をここ1年ほど、思い出すたびにこねくり回していまして、さっき、最近めったに吹かなくなったカイオワラブフルートを吹いていたら、とつぜん形になりました。前半は昔聞いたピンポンパンの曲とさだまさしの曲から借りています。って白状しなければ分からないと思いますけど。後半のサビの部分だけは早くから思いついていました。
» 『上海のインディアン少年』の原案

近ごろ注文の対応に追われてぜんぜん楽器を触っていません。
たまには自分の好きな楽器で好きなように遊びたいです…

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

2010年04月12日

今日ならきっとコンサートピッチ

お店のウェブカタログの記載事項でずっと気がかり…いや正直に告白しましょう、後ろめたい記述がありました。

「この楽器はコンサートピッチです」

もちろん工房で電子チューナーを使って正確に調律した楽器のことですよ。「これはコンサートピッチですか」と問われればもちろん「Yes」と答える品質です。なのに、お客さんから「ピアノといっしょに演奏するんですっ」と言われたとたん、「きちんと合奏できますように」と祈るような気持ちになるのはなぜなのか…

これらの楽器は私の中で、コンサートピッチだけれどコンサートピッチじゃない、みたいな?なんと表現すればいいのか分からない、正確に説明する言葉を知らないものでした。そしてそれをそのまま開店当時からずっと放置してきて、「詐欺だ返品だ」「おまえの店はまっとうな楽器屋じゃない」という事態にこじれてしまいました。もちろん放っておいた私が悪いですよ、反省しています。

これに懲りて真剣に考えて、どうもコンサートピッチには2つの解釈があって、私はそれを混同しているのではないかと思い当たりました。

  1. 一年の寒暖を通じてコンサートピッチで演奏できる楽器
  2. 工房で調律したときの気温・湿度に限りコンサートピッチで演奏できる楽器

銀色のコンサートフルートは調律機構を持っていて、少々の環境変化に関係なくコンサートピッチに補正して演奏できます。しかし竹に穴を開けただけの笛ではどうしようもない。気温の上下に合わせてピッチもだらしなく上下します。では、世界中のすべての竹笛はコンサートピッチでないのか?もちろんそんなことはなくて、電子チューナーを使って正確に調律した笛は、そのときの工房の気温・湿度であればまちがいなくコンサートピッチで演奏できるのです。

ここに来て、私はやっと理解しました。
取引先の多くの工房が同様に書いてある奇妙な言い回し、

「この楽器は電子チューナーを使い正確に調律しました」

なんて分かりにくい言い方をするんだ、品質に自信があるなら「この楽器はコンサートピッチです」と胸を張ってはっきり言えばいいのに、と思ってましたが。こういう言い方しかできないのですね。「コンサートピッチの楽器だ」と言い切ると「気温・湿度に関係なくコンサートピッチで演奏できる」とも受けとれるので。

そう、それが答えでした。
風邪を治してから、すぐにでもウェブカタログぜんぶを見直します。
今回のトラブルで賢くなりました、得した。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

2010年03月06日

マウンテンオカリナの販売を見送ります

マウンテンオカリナの販売を見送ることにしました。
私はマウンテンオカリナを初心者に売りこむつもりでしたが。初心者には向かない楽器だと判断しました、理由はすばらしい音を出すのがむつかしいから。

私は、初心者が手にする楽器は、たいした技術なしにすばらしい音色で鳴ってほしいと願います。「わあすごい!これが私の出した音?」「私って実はちょっとすごいっ?」…身の程知らずの勘違いなのですが。そうした「私にも出来るっ、もっと演奏したいっ!」という体験が、楽器演奏という長い道のりを踏み出すために必要なのだと実感しています。

そうしてみたとき、マウンテンオカリナの音色は強い魅力に欠けているのでした。

音色の良し悪しの物差し

「音色については好きずきなので…」とマウンテンオカリナのウェブサイトで説明していました。それはそうなんですが、どうなんでしょう。

オカリナを演奏したことがない人でも、オカリナの音色がどういうものかは知っているはずです。CDで聞いたりTV番組で演奏しているのを見たり。その、今まで見聞きして知っているオカリナの音色よりも魅力のない音色であれば、音が悪いと評価していいのではないか。…それこそ好きずきなのですが、案外十人十色というほど評価はちらばらない、白または黒とかなりはっきり断定されるような物差しではないかと直感しています。その直感に従うと、初めて吹いたときのマウンテンオカリナの音はみすぼらしく聞こえました。

下手が吹いてもきれいな音がすること

マウンテンオカリナの音色に関するもうひとつの擁護として「プロの演奏するオカリナの音色は別格だ。それと素人が初めて手に取って鳴らす音と比較されはたまらない。」というのを思いつきました。まったくそのとおりで、マウンテンオカリナだって上手に吹けばそれなりにきれいな音色で鳴ってくれます。YouTubeにアップされているマウンテンオカリナの演奏はみんな上手に吹いているので、きれいな音色です。でもそれは「下手が吹くと冴えない音だ」ということでしょう。やっぱり、初心者に一発で楽器が好きになるようなインパクトを与えられないことに違いはありません。「音色については好きずきなので…」というメーカーの説明は、私にはそのへん、どうにも言い訳臭く感じられます。そして私は私のお客さんに上手く言い訳できそうにないので、これは売れないなと。

私が写真を撮影したり試聴サンプルを録音したマウンテンオカリナは、7月のプレゼントキャンペーンに出品しますね。ただでゲットできるチャンスをお見逃しなく。

いやだからきちんと吹けばきちんと鳴る笛ですよ。
マウンテンオカリナで一曲仕上げてYouTubeにアップしても他の演奏動画と十分勝負できる。個人的にはその程度には評価しています。「初心者にはこんな楽器を持たせるべき」という私なりのこだわりがあって、マウンテンオカリナはそれに一致しなかった。それだけのことです。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

2010年03月02日

マウンテンオカリナを入手しました

マウンテンオカリナは北米マウンテンオカリナ社が製造しているオカリナです。その名のとおり山や海など、アウトドアで手軽に楽しむことを想定した大衆楽器で「安価な割には良い品」という格付けです。

マウンテンオカリナは縦に吹く独自の形状をしています。
キーはGとソプラノCの2種類。Cキーは指穴が一つ多いうえにいちばん高い音を強く吹くと更に一つ高い音が出ますから、単純性能だけで言えばCキーの方が上です。ただし低い音が好きな人もいるでしょうから、性能だけでは楽器は選べませんけど。写真はCキーのオカリナです。

» Cキーのマウンテンオカリナを吹いてみました

ふつうのオカリナが好きな人は、ノイズの多い荒削りな音色に辟易するかもしれません。

「音が大きい」というふれこみでしたが、けたたましい音色というか。ホイッスルのような音に聞こえるのは決して演奏スタイルのせいだけではありませんよ。オカリナと縦笛の中間?みたいな笛です。オカリナの弱点であるピッチの不安定さを逆手に取って、息を強く吹きこむと絶妙にピッチがスライドアップしてくれます。指による通常のスライド技と併せてこれがうまくキマるとなかなか気持ちいい。

ちなみにマウンテンオカリナの外観は黒い本体の指穴をグレイで縁取りした意匠に見えますが。実はグレイの部分が本体です。中に複雑に凹凸したグレイのオカリナが入っていて、外側を黒い化粧板で覆っているのです。どうしてこんな構造を思いついたものか。だからマウンテンオカリナのシリーズとして木製やアルミ製がありますけど、外側の化粧板が違うだけで中身はみんな同じグレイのプラスチックでできた笛です。

卸売りしていただけるものか、とりあえず交渉してみます。
私はマウンテンオカリナを「安価な割には良い品」と理解していますから、てみる屋で販売するか否かは卸値次第です。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

2010年02月05日

マウンテンオカリナ

» マウンテンオカリナ社のウェブショップ

マウンテンオカリナは北米のマウンテンオカリナ社が製造しているオカリナです。
その名のとおり、山や海など旅行や遊びに持っていって、ちょっとした暇に吹いて楽しむことを想定した楽器です。

このオカリナには演奏の作法が特に決まっていません。ふつうのオカリナのように「きちんとタンギングして」「腹式呼吸で、音をゆらさないように、まっすぐっ」といった厳しい話がありません。

このオカリナはたとえば国立公園を見守るレンジャーが、険しいトレッキングの合間の休憩に一杯のコーヒーを飲みながら、ちょっとオカリナを吹いて疲れを癒す…そんな使い方を想定しています。片手間に演奏する楽器で、自分や友だちとこぢんまり楽しむ楽器です。遊びで吹く楽器なので演奏に責任が発生しません。だから演奏の作法だとか、毎日の継続した練習が肝心だとか、厳しい話がないのです。そのかわりマウンテンオカリナをどんなに上手になっても、インペリアルホールでベルリンフィルと共演、みたいな未来はありませんが…

でも、仕事や勉強に忙しくて自由時間がない。せっかくの自由時間もTVやゲームやデートで忙しくて楽器を練習する暇なんてこれっぽっちもない。そんな日曜演奏家にはもってこいのオカリナだと思ってます。そしてうちの店のレパートリーとしても申し分ないものです。実は去年から仕入れたかったのですが、品薄状態の不安定な時期が続いていたので見守っていました。今改めて確認すると品切れだったシリーズも復活しているし、もう大丈夫なのかな。卸売りしてもらえるか打診してみましょう。うまくいけば3月に販売できるはず。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

2010年01月25日

てみる屋のサーバを交換しました

1/23のから1/25まで、てみる屋のサーバ★ の交換作業をしていました。

サーバを中古のノートブックパソコンから最新のタワー型パソコンに交換しました。

以前から月に一度ほど、注文メールが届かないという事故が起こっていて、お客さんに迷惑をかけていました。ずっと原因不明でしたが、先日のサーバ停止事故がきっかけで、これはサーバの処理スピードのあまりの遅さが原因だったと判明しました。

友だちから譲りうけたときからノートブックのバッテリーは既に死に体で、旧式のモバイル用CPUに、乏しいメモリとそれを補うための何倍ものサイズのページングファイル。ただでさえ中古なのに四六時中スワップし続けて早二年、ハードディスクはぼろぼろです。今年になって再起動するたびにディスクを自動検査するようになり、非常に危険な状態が続いていました。

新しいサーバは最新のデュアルコアCPUと有りあまるメモリと、実際にあまったメモリ領域をRAMディスクにしてTMPフォルダを割りあてて、プログラムもデータも丸ごとキャッシュしまくってほとんどオンメモリで動いている感じ?軽々と今までの10倍以上の処理スピードです。

なによりも私の作業ストレスがゼロになりました。
以前はブログの記事をちょっと修正するたびに、サーバの処理終了をじーっと待っていました。今ではサーバが処理終了が早すぎて私の動作が追いつきません。システムトータルの中でいちばん遅い装置はユーザ自身であること。気持ちよく作業するために重要なことです。気持ちいー。

★ てみる屋のサーバ

みなさんが利用しているブログやウェブサイトはふつう、ライブドアやニフティなど企業のコンピュータの中に保存されています。仮に企業が停電すると、皆さんのブログやウェブサイトは見ることができなくなるでしょう。状況によってはメールのやりとりもできなくなります。

てみる屋では企業と同じ事を自前でやっています。(自宅サーバと言います。)いつも使っているパソコンと別に、ウェブサイトやメールを管理する専用のパソコンを用意して24時間動かしています。仮にうちが停電すると、てみる屋のウェブサイトを見ることができなくなります。

写真の黒いタワー型パソコンがてみる屋サーバです。
名前は"カズハ"。うちのパソコンにはすべて秋吉家の兄弟姉妹の名がつけられています。いつも使っているパソコンは"チズル"で、ノートブックは"レイ"ちゃん…

写真の下に写っている紺野キタやこがわみさきのコミックが私の出自を暗示している。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

2009年12月28日

年賀状を書きました

遠方の友人に新年の挨拶代わりに送る年賀状。
私のような個人事業主にとってはお客さんへの新年の挨拶とそれと、お店のことを思いだしてもらって、あわよくば早々なにか買ってくれないかなーなんて魂胆がないわけでもありません。かといって家族でお互いの年賀状を見せっこする団らんの場で「新製品発売!」「初売15日までっ!」なんて売りこむのはさすがに生臭い。その年の最初に届く葉書にふさわしい品格を保ちつつ、且つお店(商品)をさりげなくアピールする…

年賀状を拡販ツールの一つととらえるなら、自分の年賀状が他の多くの年賀状の中に埋もれてしまうわけにはいきません。ならば派手な色遣いをすれば目立つかというとそうでもなく、なぜなら昨今の年賀状はたいてい、家族の写真や出来合いのイラストで鮮やかに飾りたてられているからです。

「世界楽器てみる屋」の屋号を載せることも良し悪しです。家族にこっそり内緒で楽器を購入したお客さんもいるでしょう。だから家族には友人からの年賀状にしか見えないが、本人には「あーあの楽器屋か」とわかるようにしなければならない。などと、毎年なかなか工夫の凝らし甲斐があります。

そんなこんなで、私は年賀状はいつも自分のイラストを載せています。マンガ絵だがフォーマルな雰囲気の作風なので、昔から年配の人のウケがよかった。このような場面で重宝するスキルです。

ただし私にとって絵を描くことはすごいストレスです。だからほんとうに年賀状でもなければ描く気になれません。これはインターネットからダウンロードした画像を鉛筆でトレースした直後のもの。我ながらまるで小学生の図画のようです。これがほんとうに鑑賞に堪えるイラストになるのか…と、ほとんど恐怖に近い失敗の予感に耐えながら修正を重ねていきます。

だから、私の年賀状はパソコンでプリントしてますけど、心(念?)がこもってるんですよ。このイラストがどのように完成したかは…年賀状をもらった人だけのお楽しみです。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

みんなの掲示板

ご質問・お知らせなどがございましたら遠慮なくご投稿ください。

ユーティリティ

 

最近のトラックバック