-- 生活の音(11) --

前の10件 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13

2008年11月27日

インディアンフルートに漆を塗るそうな

前に、カイサドラムのアケボノ音階がなぜ人気ないのかという話をしました。「私ら日本人は今更こんな音階を使わないし」という話だったのですが。それに関連しているのかどうか。

北米のインディアンフルートメーカーEarth Tone Flutes工房から「今、漆を研究しているんだ。期待していてくれ。」というメールをいただきました。"漆"って日本語訳じゃありませんよ、彼の英文メールに "U-RU-SHI" って書いてありました。
ウェブ翻訳が日本語に変換できなくて困ってた。

なるほど、欧米人に馴染みのないエキゾチックな塗料を取り入れるとは研究熱心です。しかし「期待していてくれ」というのがそこはかとなく不安。もしそれが日本を市場に見据えたプランだとするとどうなのか。もちろん現代の漆技法は高度に発達していますから、彼はすごいインディアンフルートを作ろうとしているのかもしていません。だから私はコメントを控えています…
でも。

黒塗りのフルートに金粉で鶴亀を描きはじめたらさすがに止めようと思うのです。


» 漆器のお求めは宮内庁御用達の山田平安堂で

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

2008年11月21日

どうしてだれもアケボノを買わないの?

世界楽器てみる屋では現在、カイサドラムの予約を10件ほど承っています。それらはすべて五音階Cキー(数台はFキー)です。この状況についてメーカーから質問が来ました。

「みんな五音階Cキーばかり予約するけれど、どうなってるの。アケボノ音階はどう?私のお気に入りなんだけど、お勧めだよ。エモーショナルだしドラマチックだし。」

アケボノ音階は日本の伝統的な音階を模しています。
» カイサドラムのアケボノ音階(MIDI)

お琴を連想したのは私だけではないはず。「これじゃハッピー・ニューイヤーにしか演奏できないよ」と答えておきました。実際、アケボノ音階は個性が強すぎて使いづらいでしょう。
こういうのって日本人よりもむしろ西欧人が喜ぶんだと思う…

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

2008年11月17日

ローホイッスルを自作する方へ

英国のアイリッシュフルート・ホイッスルのメーカー、トニー・ディクソン社の製品ラインナップに「ローホイッスルの頭だけ」というのがあります。メーカーの意図としては、フルートといっしょに買って頭を取り替えれば一本でフルートとローホイッスルの両方を楽しめるよね、ということなのですが。

「頭だけ」を手に入れて手頃な塩ビ管なりアルミ管なりを買ってくれば、ホイッスルを自作ことができます。尺八チューニングのホイッスルなど、工夫次第でいろいろできそうです。

このローホイッスルの「頭だけ」はABS樹脂製で、内径は 25.5mm です。逆に言うと太さ 25.5mm の管がすっぽりささることになります。

尚、実際のディクソン社の製品はどうなっているかというと、写真のように、少し細めの管に溝を掘ってゴムバンドを取り付けています。これで接合部を密閉しつつスムーズにスライドできるようになっています。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

2008年10月03日

窓風鈴’秋

「窓風鈴」は風鈴をイメージしたパソコンのデスクトップアクセサリです。アクティブウィンドウの右上にぶら下がってチリンと鳴ります。前回は澄んだ音色の南部鉄風鈴をご紹介しましたが、今回は秋バージョンということで備長炭のウィンドチャイムです。備長炭特有の硬質な音がメランコリックな秋を演出します。

»こんな音

鳴り具合は好みに合わせていろいろ調整できます、かすかな音で時々鳴るように調整するといい感じ。風鈴を楽しみたいけれど吊せるような軒下がない、風が吹かないので吊しても鳴らない、風が強いので吊すとうるさい、というあなたにお勧めです。

  1. 窓風鈴’秋はWindows用です、Macintoshを使用している方ごめんなさい。
  2. 下の「ダウンロード」をクリックして自分のパソコンにダウンロードしてください。
  3. ダウンロードしたファイルをzipで解凍してください。
  4. 解凍したフォルダの中の"winfrnaki.exe"をダブルクリックするとデスクトップに風鈴が現れます。
  5. 風鈴を右クリックすると鳴り具合を調整するメニューが表示されます。
  6. 細かい使い方や最新バージョンのダウンロード等は作者のサイトをご確認ください

窓風鈴’秋 (Wanderluster作)
»ダウンロード(ver 1.02)
»使い方
»作者のサイト

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

2008年09月19日

Little Minstrelの試し弾き

Harps of Lorienのリトルミンストレル(Little Minstrel)というハープです。"小さな吟遊詩人"という意味。
» Little Minstrelの試し弾き

うしろでブラインドや風鈴がうるさいけれど音色のよさは伝わるでしょう。長く余韻の響く美しい音色です。意外に大きな音。高さ38.1cm×幅21.6cmという小型の楽器で、シュタイナー幼稚園・学校で使用するキンダーハープなんですが。大人でも十分夢中になれます。

mixiのマイミクさんからぜひ入手したいハープがあるのだと依頼され取りよせました。頑丈なハードケースに入れても軽くかさばらないので、屋外でハープを楽しむのに持ち歩くそうです。

「いいよこれいいよ売りなよぜったい売れるよっ」とライアー奏者の彼女が大喜びだったので、売ってもいいかななんて思いはじめています。
売るなら45,000円くらいでしょうか。なお彼女のハープはサウンドホールが特注なので58,000円くらいになると思います。

販売開始しました。詳細は『世界楽器てみる屋』のウェブカタログをご覧ください。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

2008年09月05日

ココペリ(Kokopelli)について

ココペリは西暦800年ごろの北アメリカ南西部の壁画や陶器に描かれた、笛を吹く猫背の男のことです。豊穣と出産の神さまもしくは精霊と考えられていて、笛を吹いて冬を追いたて春を呼びます。またココペリの笛の音は雨を降らせ山野に緑を芽吹かせます。

インディアンジュエリーやアクセサリではラッキーアイテムとして人気があります。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

2008年09月03日

CDの音程を自分の笛にあわせる

笛の曲は耳で聞いて覚えるものです。慣れるまでは大変ですが慣れたら…やっぱり大変なんですが、覚えたい曲と自分の笛の音程がそろっていればけっこうイケるものです。でもたいていは音程がずれていてすんなりいきません。

ネットサーフィンしていて使えそうなフリーソフトを教えてもらいました。『聞々ハヤえもん』といって、音楽CDやパソコンの音楽ファイルを、速度や音程を変えて聞くことができます。

  • 速すぎて何をしているのか分からない曲もゆっくり再生すれば聞きとれるでしょう
  • 曲の音程を自分の笛にあわせて、CDといっしょに笛を吹くこともできます

聞々ハヤえもんの使い方(Windows用です)

  1. 以下のサイトからソフトをダウンロードする
    http://www.forest.impress.co.jp/lib/pic/music/musicplay/hayaemon.html
  2. ダウンロードしたファイルを解凍する
  3. 解凍してできたHayaemon.exeをマウスでダブルクリックする
    →聞々ハヤえもんのメイン画面が表示される
  4. 音楽ファイル(mp3,wmaなど)のアイコンをマウス左ボタンで押さえ、聞々ハヤえもんのメイン画面まで引きずっていって、放すと曲が再生される
  5. 再生速度や音程をちょうどよくして聴く

CDの音程を自分の笛に合わせるコツ

今聴いている曲で、ドの音あるいはラの音を見つけます。

インディアンフルートなら曲の最後でぴーーーーと伸ばして終わるその音がラの音です。たまにドの音。この最後の音が自分の笛のラ(あるいはド)の音にぴったり重なるようにCDの音程を調節します。

他の笛の場合は。
曲の最後の音が高い確率でドの音あるいはラの音です。明るい雰囲気に聞こえる音ならド、暗い雰囲気ならラ。最近のカッコイイ曲だと違うこともあります。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

2008年07月18日

江戸風鈴の音

梅雨が明けたとたんに夏らしい日差しになりました。仕事部屋の窓だけでなく二階の窓も開けて、家ぜんたいに風を通すようにしました。

そうそう、せっかくですから風鈴を押入から出してきて窓につるしました。風に風鈴が鳴るのを聞くと日本の夏って感じです。これは江戸のガラス風鈴。黒い金魚が6匹描かれた縁起物です。
» 江戸風鈴の音

屋外のノイズを拾うため風鈴はどうしてもきれいに録音できません。やっぱり現物を楽しむのがいいです。
» 『篠原まるよし風鈴』

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

2008年07月01日

窓風鈴

「窓風鈴」は風鈴をイメージしたパソコンのデスクトップアクセサリです。アクティブウィンドウの右上にぶら下がってチリンと鳴ります。驚きなのはその音色、南部鉄だとはっきり分かる凛とした響きです。チリチリ鳴ったあとしばらく鳴らなかったり、その加減がまた本物みたいです。

»こんな音

鳴り具合は好みに合わせていろいろ調整できます、かすかな音で時々鳴るように調整するといい感じ。風鈴を楽しみたいけれど吊せるような軒下がない、風が吹かないので吊しても鳴らない、風が強いので吊すとうるさい、というあなたにお勧めです。

  1. 窓風鈴はWindows用です、Macintoshを使用している方ごめんなさい。
  2. 下の「ダウンロード」をクリックして自分のパソコンにダウンロードしてください。
  3. ダウンロードしたファイルをzipで解凍してください。
  4. 解凍したフォルダの中の"winfuurin.exe"をダブルクリックするとデスクトップに風鈴が現れます。
  5. 風鈴を右クリックすると鳴り具合を調整するメニューが表示されます。
  6. 細かい使い方や最新バージョンのダウンロード等は作者のサイトをご確認ください

窓風鈴 (Wanderluster作)
»ダウンロード(ver 1.03)
»使い方
»作者のサイト

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

2008年05月17日

横笛専用のブログを用意しました

正確には「世界楽器てみる屋で販売している横笛の試聴サンプルを掲載する専用のブログ」を用意しました。

» ブログ 『横笛で吹くエンヤ』

ブログタイトルは『横笛で吹くエンヤ』。
専用すぎっ?今から試聴サンプルをどんどん作成するにあたって、個人的に好きで、簡単・聴き映えのよいエンヤにしぼってしばらくやっていこうかなと考えています。となると、こうしたほうが検索エンジン―ヤフーやgoogle―のウケがいいと判断しました。
第一弾はアルバム「ケルツ」から"The Sun in the Stream"。
» "The Sun in the Stream"の試聴

著作権のからみで楽譜は掲載できませんが、説明できることは極力します。
よろしく。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

前の10件 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13

みんなの掲示板

ご質問・お知らせなどがございましたら遠慮なくご投稿ください。

ユーティリティ

 

最近のトラックバック