-- リトルミンストレル(1) --

1  2

2014年06月29日

交換弦を買いに行こう!

リトルミンストレルの弦は街の楽器店で購入するとお得ですよ、という話です。

実はギターのスチール弦

リトルミンストレルの弦は、実はフォークギターのスチール弦です。
ですから、ふつうに街の楽器店で入手することができます。

リトルミンストレルの交換弦は、もちろんてみる屋でも売っていますが、11本のセット販売ですし、大して安いわけでもなく送料もかかるので割高です。リトルミンストレルの交換弦は、街の楽器店に行って自分で集めたら、格安で入手できます。おそらく千円以上安くなります。

どの弦を使っているかは説明用紙に書いてる

弦の太さは「ゲージ番号」で表します。
"mm"みたいな単位記号は特になくて、ただ数字だけ0.12みたいに書きます。

リトルミンストレルのどの弦にどの太さのギター弦を使っているかは、本体付属の説明用紙に一覧しています。念のため説明用紙のダウンロードリンクを張っておきます。必要な方はプリントアウトしてください。
» リトルミンストレルの説明用紙(pdfファイル)

弦はぎりぎりまで袋に入れておく

弦はどれも似たような物で、見ても触っても容易に区別できません。
弦は一本ずつ、ティーバッグを大きくしたような袋に入っていて、その袋に0.12みたいに大きくゲージ番号が書いてあります。購入するときはその袋に書いてあるゲージ番号を頼りに購入することになります。袋に書いてあるゲージ番号だけが頼りです。

弦は、張り替えるぎりぎりまで袋に入れておいてください。不用意に袋から出して他の弦と混ぜてしまうと、もうどうしようもありません。

張り替えは誰でもできる難易度

弦の張り替え方も説明用紙に書いてあります。
ラジオペンチと物差しを使います。文章だけで分かりにくくて申し訳ないのですが、でも私自身も、この文章だけを頼りに自分のリトルミンストレルの弦を交換しました。1本目はおっかなびっくり…そして2本目以降は慣れてしまってだあーっと一気に張り替えました。他のお客さんもなんとか自力で張り替えているみたいです。その程度の難易度です。

念のため、交換弦を購入するときに練習用の弦も数本余分に購入することをお勧めします。私は失敗してもいいように、全ての弦を二本ずつ購入しました。結局、失敗しなかったので全部余ってしまいましたけど。

最近はハイテクな弦も出回ってる

コーテッドという、表面に薄く塗装した弦があるそうです。
私は使ったことがないのですが、評判によると、非常に錆びにくく音色も鮮やかだとのこと。弦の音がだんだん曇ってくるのは錆びてくるからで、だから防錆塗装をした弦の音色が鮮やかだというのは、信憑性のある話です。

コーテッド弦はいろいろ出回っているようですが、ELIXIR(エリクサー)が有名です。つか私は今回改めて調べるまでエリクサーしか知りませんでしたよ。

何処のメーカーのコーテッド弦がよいか、という議論よりも、高価な弦なのでそもそもバラ売りしてくれるかどうかが大問題です。

私が福岡市中央区で探したときは、ELIXIRでギター用の6本セット販売を見かけたのみでした。バラ売りはありませんでした。

だから、そういうハイテク弦があるよという知識を頭に入れておいて、チャンスがあればゲットする。そういうスタンスが実用的かなと思ってます。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

2013年12月14日

お客さんのリトルミンストレル演奏

先日、リトルミンストレルを購入したお客さんが演奏をYouTubeに投函しました。聴いてみたらえっらい上手で、思わず聞き入ってしまいました。なのでうちのブログでも紹介します。

storytellingharpさんは他にもいくつかのリトルミンストレルの演奏動画を投函しています。どれも素晴らしい演奏なので、ぜひ聴いてみてください。

適当にポロンポロン弾いて遊んでOK

こういう演奏を聴いてしまうとつい「自分も練習しなければ…」と思うかもですが。リトルミンストレルは本来は子どもの音楽教材です。五音階に調律してポロンポロンと適当に弾いて悦に浸るのが本来の使い方です。無理してまでドレミ音階に調律して一生懸命に練習する必要はありませからね。

試しにYouTubeで "Little Minstrel", "リトルミンストレル" を検索すると、リトルミンストレルでこのような演奏をしているのは、世界中で日本人だけだ、ということが分かります。日本人はとにかく凝り性です。製作者のラファエルさんやテリーさんも、まさか子どもの教材でこんな演奏をするとは想定していなかったでしょう。

YouTubeに演奏動画を投函する人というのは、なんやかんや言ってやっぱり腕に自信のある人です。「弾ける人ならこのくらい弾ける」と参考までにしておいてください。無理して上手になる必要はありませんからね。

もちろんこのくらいの腕があれば人前で堂々と演奏できますよ。
「自分も人前でリトルミンストレルを弾いて盛大な拍手をもらいたい!」と思ったら、ぜひがんばってマスターしてください。応援しています。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

2013年09月06日

リトルミンストレルにまつわる噺

終わってみると、なんとも不思議な事件でした。
6月にリトルミンストレル・ハープを予約したIさん(仮)が、結局、本来よりも2ヶ月早く入手することができた、という経緯についてです。

今も頭の中でいろいろなパターンを検証しているのですが……

彼女が本来よりも2ヶ月早くリトルミンストレルを入手するには、9月3日に私に入荷状況を確認するしかタイミングがありませんでした。それより早く確認しても遅く確認しても、だめなのです。

あのときたまたま在庫のあった数台のリトルミンストレルは、
今はもう完売しました。だから仮に今ごろ確認したとしても、もうどうしょうもないです。それならもっと早めに確認しておけば安心だったかというと、それがそうでもない。在庫のないときに入荷状況を確認するのは、遅かろうが早かろうが無意味です。きっと私は「納期が大幅に遅れています。Iさんには年末ぎりぎりにお届けできるでしょう。」と答えたはずで、そしてそのことを知ったIさんは、リトルミンストレルが届くのを、年末まで待ち続けたに違いないのです。

しかしIさんは、納期が遅れていることを”知ることができなかった”。
知らないまま待って待って、ついにしびれを切らして入荷状況の確認をしたのが9月3日で、それはたまたま、引き取り手のなくなったリトルミンストレルが倉庫に余っていたときだった……とまあそんな事の次第です。

いちばん不可解なのは、
Iさんがどうしても私宛に確認のメールを送信することができなかった、ということです。「ダメだった、何回送ってもダメだったっ!」とIさんは電話の向こうで涙声で訴えるのですが……ありえません。大手のスマホプロバイダから大手の老舗プロバイダへの、ごくふつうのメール送信です。一回失敗するのはたまたまかもですが、何回送ってもエラーで差し戻されるという状況は、私にはちょっと原因が想像つきません。不謹慎にも私はIさんが情報弱者であることを疑いましたが、彼女との一連のやりとりから、それはなかろうと判断しました。Iさんはふつうに自分のスマホを使っていて、私宛のメールだけどうしても送信できなかったと、そういうことらしいのです。

長々と語ったこの話には、きちんとオチがあります。
電話でIさんが告白するには、彼女は末期癌を患っていて、無事に年を越せるかどうか分からない状況だとのこと。

ともあれ無事に念願のリトルミンストレルを入手したクリスチャンの彼女は「教会の礼拝で使います」と、嬉しそうに私にお礼を言って、無神論者の私としては、ただただ「運がよかったね」「ほんとうに運がねかったね」と繰りかえすばかりなのです。

本文の中で説明できてないことがあったので補足します。
Iさんがメールばかりに頼り、9月3日まで私に電話をしなかったのは、私がてみる屋の電話番号を隠しているからです。彼女がてみる屋の電話番号を知らなかったからです。

てみる屋の電話番号を知るにはインターネットに散在する情報を探し集める必要があって、それはIさんには簡単な作業ではなかったはず。Iさんが私のブログに記事を書き込み私に電話をしたのは「最終手段に訴えたのだ!」と本人が言ってました。

さて、私がてみる屋の電話番号を隠しているのは理由があります。
それが良いことだとは思っていませんよ、仕方なしにやってます。今回の事件をきっかけに改めてそこのところを考え直してみましたが……やっぱり無理です。今の体制(私一人)で客の電話応対をすることは自殺行為です。最悪、店が潰れます。詳細に興味があるなら別の記事にまとめましょう。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

2013年04月05日

リトルミンストレルの弦は数年で交換する

本当に久しぶりにリトルミンストレルをケースから取り出しました。

北欧のお琴カンテレの奏法をリトルミンストレルでも試してみようと思ったのです。それは上手くいきました。が…なんだか音がヘンです。こんなに安っぽい音だったっけ、もっとキラキラした音だったような?

ボン、ボンと張りのない曇った音を、ギターを演奏する友人に聞かせたところ、曰く「腐った弦の音がする」とのこと。もちろん金属の弦が腐るわけもなくて、要は弦が錆びているというのです。細い銀色の弦はそうでもありませんが、太い銅巻きの弦は錆が弦の振動を妨害するので、てきめんに音が濁ります。

なのでリトルミンストレルの弦をぜんぶ交換することにしました。
リトルミンストレルの弦は、実はギターのスチール弦です。街の楽器店までギターの弦を買いに行きました。最近のギターの弦は、錆止めコーティングをしているハイグレードな品もあると聞きいていましたので、とても期待していたのですが。高級品はセット売りばかりで、ばら売りはあからさまに貧相な品揃えでした。手ぶらの帰還はくやしいので買いましたけど。正直、電車代と時間を費やしただけ、がっかりでした。結局ふつうの弦を使うなら、素直に自分の店で売っている交換弦のセットを使えばよかったです。

弦をぜんぶ新しい物に取り替えると、キラキラした音色が戻りました。
そうそうこれですよ。子ども用の小さな教材なのに素晴らしい音がするからリトルミンストレルはすごいのです。先のYouTube動画は新品の弦で演奏しました。ってもみなさんの手元のリトルミンストレルはまだまだ新品でしょうから、私の感動はよく伝わらないかもしれません↓
» 新品の弦でリトルミンストレルを演奏しました

リトルミンストレルの弦は、数年に一度は交換した方がよいです。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

2013年04月04日

空耳を演奏する-グリーンスリーブス

リトルミンストレルは11本の弦を張った小さなハープです。
ふと、こんな弾き方はできるかな…と試しにやってみたら、できました

伴奏をじゃらんと鳴らしながらメロディを弾いているように聞こえますか?
違います、私はメロディを弾いていません。不完全なメロディの断片をぽつぽつと五月雨式に弾いているだけで、それを聞いた人間の脳が、足りない音を補完して完全なメロディとして聞いているのです。

ゲシュタルト心理学に基づいた人間の空耳・錯覚を積極的に利用するこの奏法は、北欧バルト海沿岸の国で見られるかなり珍しい奇妙な奏法です。

ちなみにリトルミンストレル(Little Minstrel)は、北米のハープ工房が製作している小学校の音楽教材です。花びらのような可愛らしい形と意外に大きく美しい音色で、予約山積みの大人気です。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

2010年07月30日

今日から吟遊詩人 補足2

花びらの形の愛らしいハープ、リトルミンストレルで好きな曲を伴奏つきで演奏しましょう。
» リトルミンストレルを弾いてみた

リトルミンストレルの弾き方教室第13回、ファの音の伴奏について補足します。

リトルミンストレルには伴奏のルールがあって、ルールに従って弾けば、知っている曲に伴奏をつけて演奏できます。既にひととおりの説明が終わって、みなさんは知っている曲に伴奏をつけて演奏することができるようになったでしょう。前回から今回にかけて補足というか、知らなくても困らないが、知っているともっといい感じに演奏できるよ、という話をしています。

ラ・ド・ファ

» ラ・ド・ファの音

メロディーがファの音を奏でているときに、伴奏でラとドの音を弾きます。非常に明るい雰囲気に聞こえます。長調で伴奏していてメロディーが「ファーーー」と鳴っているとき、積極的に使ってみるといいです。

シ・レ・ファ

» シ・レ・ファの音

メロディーがファの音を奏でているときに、伴奏でシとレの音を弾きます。中途半端な雰囲気です。先のラ・ド・ファのようにどーんと聞かせるような使い方はしません。曲の途中にちょっとだけ挟むように入れます。「ファーレーミー」「ファーレードー」のように、メロディーがファとレを続けて弾くような場所で(ひょっとして…)と思い出してみてください。よく納まることがあります。

リトルミンストレルの弾き方教室はこれで終わり

リトルミンストレルの弾き方について、私が説明できることはぜんぶ説明したつもりです。あとは気がついたときに記事を追加していますね。

最後に種明かしするとこの伴奏のルールというのは、メジャーコードとマイナーコードと呼ばれるいちばん基本的なコード(和音)を、理屈が分からなくても誰でも使えるようにできないか…と工夫したものです。もちろん、素朴な民謡やフォークであればこれで十分実用になります。

しかしながら現代の曲の構造はもっともっと複雑ですし、すごい数のコードが存在します。ロックや途中で転調する曲などは、残念ながら伴奏のルールで演奏することはできません。そもそもリトルミンストレルは子どもの音楽教材で弦が11本しかありませんし半音もありませんし…

リトルミンストレルの演奏を足がかりに、音楽の奥深さと面白さを知っていただけたらと願っています。長らくおつきあいいただきありがとうございました。ではではまた。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

2010年07月23日

今日から吟遊詩人 補足1

花びらの形の愛らしいハープ、リトルミンストレルで好きな曲を伴奏つきで演奏しましょう。
» リトルミンストレルを弾いてみた

リトルミンストレルの弾き方教室第12回、低い音に伴奏をつける方法を説明します。

低いメロディーには高い音で伴奏をつける

リトルミンストレルには伴奏のルールがあって、ルールに従って弾けば、知っている曲に伴奏をつけて演奏できます。前回までずっと伴奏のルールについて説明して、ひととおりの説明が終わりました。おつかれさま。今回からは補足というか、知っていると得する話をいくつかします。

さて、伴奏は基本的にメロディーよりも低い音を鳴らします。これはメロディーが低い音―左手で弾いているあたりの音―を奏でるときに困ったことになります。メロディーよりも低い音がないので、伴奏ができません。

「是が非でも伴奏しなければならない」ということでもないので、メロディーが低い音を奏でているときには、伴奏を諦めるのも一つの解決策です。しかしメロディーの中に低い音が出てくるのは、だいたい曲の終わりが多いです。「ラーーー」で終わったり「ドーーー」で終わったり。この最後の締めの部分に伴奏がないのは、どうにもさびしい。

メロディーよりも低い音がないなら仕方ありません。メロディーよりも高い音で伴奏します。

低いドに伴奏をつける

メロディーが低いドの音を奏でているときに伴奏をつける方法です。右手と左手の役割を交代します。

  • 左手人差指で低いドの音を鳴らします
  • 右手人差指でソの音、中指でドの音を鳴らします

このとき3つの音を同時に「「「ポーン」」」と鳴らすよりも、「ポ」「ロ」「ロン」とずらして鳴らした方がハープっぽく聞こえます。
» 低いドの音に伴奏をつけてみた

低いラに伴奏をつける

メロディーが低いラの音を奏でているときに伴奏をつける方法です。右手と左手の役割を交代します。

  • 左手人差指で低いラの音を鳴らします
  • 右手人差指でミの音、中指でラの音を鳴らします

このとき3つの音を同時に「「「ポーン」」」と鳴らすよりも、「ポ」「ロ」「ロン」とずらして鳴らした方がハープっぽく聞こえます。
» 低いラの音に伴奏をつけてみた

低いシに伴奏をつけることはあんまりない

低いシの音にどうしても伴奏をつけなければならない、という状況はないと思ます。
「ドレミファソラシド」はすべての音が等価値ではなく、重要度や使い方が決まっています。「シーーー」で曲が終わることはありません。たいていシの後は「ドーーー」あるいは「ラーーー」に落ちつきます。
シの音はそういう、途中に現れる音です。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

2010年06月28日

今日から吟遊詩人 右手も伴奏に参加する2

花びらの形の愛らしいハープ、リトルミンストレルで好きな曲を伴奏つきで演奏しましょう。
» リトルミンストレルを弾いてみた

リトルミンストレルの弾き方教室第11回、印象がひっくり返って聞こえる伴奏を正しくする方法を説明します。

長調と短調がひっくり返って聞こえる現象

前回に左手の伴奏に加えて右手も伴奏に参加する方法を説明しました。右手が伴奏に参加することによって3本の弦が響きあい、いかにもハープらしい演奏になることが分かりました。同時に、長調で伴奏しているつもりなのに暗く聞こえる、逆に短調で伴奏しているのに明るく聞こえるという、長調と短調がひっくり返って聞こえる現象が起こることも分かりました。伴奏としてはそれも間違いではないのですが、自分の意図したとおりに伴奏できていないのが不満です。

右手も伴奏に参加して例題を演奏したときの問題箇所を見てみましょう。

» 右手も伴奏に参加して例題を弾いてみた

楽譜の?(1)の箇所は長調で伴奏しているつもりなのに暗く聞こえます。よく考えてみると、ドの音を伴奏するために1つ飛ばし隣の音―ラの音―を鳴らしている…こんなことをすればそりゃ短調で伴奏しているように聞こえるでしょう。

楽譜の?(2)の箇所は短調で伴奏しているつもりなのに、私には明るく聞こえます…うーんどうでしょう、これは人によってはそう聞こえないかもしれませんけど。私は気になります。

右手で伴奏しない、あるいは2つとばしの弦を弾く

伴奏の長調と短調がひっくり返って聞こえる現象について、対処法は2つです。

1つは、その問題箇所だけ右手で伴奏するのを止めること。
そうでしょう。右手で伴奏したらおかしくなったのだから、右手で伴奏しなければいいです。楽譜の?(1)の箇所はまさにそれです。なにもしなければいいのに、わざわざ右手で1つとばし隣のラの音を弾くから、長調のつもりが短調になって聞こえるのです。

2つは、その問題箇所だけ右手人差指で2つとばし隣の弦を弾きます。

「1つとばし、2つとばしで隣合う弦は響きあう」というルールを思い出してください。第1候補がだめなら第2候補を試します。ふつうは右手人差指はメロディーの1つとばし隣の弦を弾きますが、長調と短調がひっくり返って聞こえるときは、ここだけ2つとばし隣の弦を弾きます。これでまずなんとかなります。

右手も伴奏に参加して例題を演奏(改良版)

» 右手も伴奏に参加して例題を弾いてみた(改良版)

以上をふまえて例題を弾いてみました。どうでしょうか。私としては思ったとおりの印象にできあがったつもりです。

楽譜の(1)の箇所については、そこだけよけいな右手の伴奏を止めればOKです。でもそうするとメロディーのドの音しか鳴らないことになって、さびしいです。なので私はこのときだけ左右交代。左手でメロディーのドを弾いて、右手で高い音で伴奏をぽろんと入れました。こうすると華やかな感じになります。この方法は次回に説明します。

楽譜の(2)の箇所については、そこだけ右手人差指で2つとばし隣の弦を弾いて解決しました。さっきと違いは分かりますか。私としては、こっちの方が意図したとおりの印象です。

ああでもないこうでもないと試行錯誤する

ここで厳しくもあり楽しくもあるのが、どのように伴奏しても間違いではない、ということです。答えは無数にありますから先生から「このとおりに演奏すれば安心です」といった保証をもらうことができません。今まで説明した私の伴奏も「私だったらこれがいい」というだけのことです。

逆に、どのように伴奏するかというところにその人の個性が表れます。例題についても「もっときめ細かく長調と短調を弾き分けた方が好き」という人もいるでしょうし「まるごと長調だけでばーんと演奏するのがかっこいい」という人もいるでしょう。

ヒントは長く時間をかけることです。
1つの曲を繰り返し演奏します。そうするとそのうち「ここが気になる?」という箇所が出てきます。そうしたらそこを修正します。何ヶ月も演奏しても気になるところが見つからなくなったら、それはまぎれもなくあなたの伴奏だと、胸を張って言っていいです。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

2010年06月23日

今日から吟遊詩人 右手も伴奏に参加する1

花びらの形の愛らしいハープ、リトルミンストレルで好きな曲を伴奏つきで演奏しましょう。
» リトルミンストレルを弾いてみた

リトルミンストレルの弾き方教室第10回、左手の伴奏に右手も参加するといかにもハープな音になります。

右手も伴奏に参加する

前回まで左手で伴奏しながらリトルミンストレルを演奏する方法を説明してきました。

  • 左手の人差指1本で伴奏する
  • リトルミンストレルのいちばん低いラ、シ、ドの音だけ使う
  • 伴奏には「長調で伴奏する」と「短調で伴奏する」の2とおりがある
  • 1曲の中で長調と短調の交互に伴奏するといい感じ

ただ正直な感想としては、効果はいまいち?といった印象です。それも仕方ない、メロディー1音と伴奏1音の合計2音だけでは、どうしたって表現が限られます。もう1音増えて合計3音になると効果がはっきりします。右手は中指1本でメロディーを担当していました。まだ4本の指が余っていますから右手も伴奏に参加しましょう。っても無理せず伴奏に参加するのは人差指だけです。

ここで「1つとばし、2つとばしで隣合う弦は響きあう」というルールを思い出してください。今、右手の中指でメロディーを弾いていますから、だからその1とばし隣の弦を人差指で弾けば、それだけで伴奏になります。

左手がぽーんぽーんと伴奏するタイミングで、右手の人差指もいっしょにぽーんぽーんと弦を弾きます。右手の人差指が弾くのはいつも、右手の中指が弾いている弦の1とばし隣の弦です。これでほぼいい感じに決まります。

» 右手も伴奏に参加して例題を弾いてみた

ハープらしく伴奏するコツ

伴奏するとき「「「ぽーん」」」とメロディーと同時に弾くよりも、「ぽ」「ろ」「ろん」とばらばらばらっと散らせて弾くと、いかにもハープっぽく聞こえますよ。

長調と短調が逆に聞こえることがある

「とにかく伴奏つきで弾けたらいい」というのであれば、ここで説明はひとまず終わりです。このままでも、きちんと演奏できるように練習すれば、パーティーの余興や宴会の隠し芸として人前で披露して拍手をもらえるでしょう。

でも私には気になるところがあります。
楽譜の?(1)のところ。私は「長調で伴奏」しているつもりです。なのになんだか暗い…ここだけまるで「短調で演奏」しているように聞こえます。そして?(2)のところは「短調で伴奏」しているのに妙に明るく聞こえて仕方ないのです。

「このままでも拍手がもらえる」というのは、お客さんが、私がどのように演奏しているつもりなのか分からないからです。伴奏としては間違ってはいませんから、(そういうアレンジなんだ?)とよい方向に解釈してくれるからです。

右手の人差指が伴奏に参加することによって、「長調で伴奏」しているのに暗く聞こえる、逆に「短調で伴奏」しているのに明るく聞こえる、という現象がときどき発生します。伴奏としては間違っていませんから、このままでもいいのですが。私は私の意図したとおりに伴奏したい。
次回に、このひっくり返って聞こえるのを正しくする方法を説明します。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

2010年06月14日

今日から吟遊詩人 左手で伴奏する3

花びらの形の愛らしいハープ、リトルミンストレルで好きな曲を伴奏つきで演奏しましょう。
» リトルミンストレルを弾いてみた

リトルミンストレルの弾き方教室第9回、1つの曲の中で長調で伴奏したり短調で伴奏したりします。

長調で伴奏したり短調で伴奏したり

前々回から左手で伴奏する方法について説明しています。
いちばん手前の低いラ、シ、ドの弦だけ使うこと。左手の人差指だけでゆっくりポーンポーンと弾くこと。弾き方には「長調で伴奏する」と「短調で伴奏する」の2とおりがあることを説明しました。

さて実際には、1曲ぜんぶを長調だけで伴奏したり、短調だけで伴奏したりすることは稀です。曲の中のここは長調あそこは短調と、交互に伴奏することが一般的です。曲のどの部分をどちらで伴奏すればいいのか。答えは無数にあって、理屈としてはどのように伴奏しても間違いではありません。だから曲のどの部分をどう伴奏するか、という判断に演奏者の個性が発揮されます。

曲の中のどこを長調で伴奏してどこを短調で伴奏すればよいか。
私は次のような手順で決めることが多いです。

  1. まず曲全体として、主に長調で伴奏するかそれとも主に短調で伴奏するか、方針を決める。なんどもメロディーを弾きながら「強いて言えば長調っぽいな」のように決める。
  2. 主に長調で伴奏すると決めた中でも「ここは絶対に長調」という部分を決める。あるいは主に短調で伴奏すると決めた中でも「ここは絶対に短調」という部分を決める。なんどもメロディーを弾きながら「他の部分を逆に伴奏したとしても、ここだけは絶対に長調だ(短調だ)」という部分を決める。
  3. その箇所の前の部分を逆に伴奏すればいいです。直前まで短調で伴奏しておいて、ここぞというところで長調で伴奏するとぱあっと明るく聞こえます。逆に直前まで長調で伴奏しておいて、短調に変化すると曲がぐっと引き締まります。

例題を長調と短調で伴奏する

私の考えたこと。
全体としては主に長調で明るく伴奏すればいいなと思いました。面倒くさいので、いっそ丸ごとぜんぶ長調で伴奏してもいいとさえと思いました。しかしぜんぶ長調で伴奏してしまうと、塩を入れ忘れたお汁粉のように締まりがなくなるだろうなとも思いました。一般的な話、1部分だけでも逆に伴奏するのがいいです。で、真ん中の部分を丸ごと短調で伴奏することにしました。
» 例題を長調と短調で交互に伴奏してみた

どうでしょう
あんまり深く考えていません。真ん中の部分だけ印象が違いますから、そこを逆に伴奏したらいいんじゃないかと考えただけです。もっときめ細かく、あちこちを長調で伴奏したり短調で伴奏したりするともっときれいになるかもしれませんが。面倒くさいです。みなさんも(自分ならこうするな)と、いろいろ試してみてください。CDやTVできちんとした演奏を聴いたことがあるなら、それを思い出しながら弾いてみるのもいいと思います。

ぱっとしない伴奏

前々回から「長調で明るく伴奏」「短調で暗く伴奏」と説明されていて、そう言われればそうかもしれないと思うが、ほんとうはぜんぜんピンとこない。と思っている人もいると思います。メロディー1音、伴奏1音の合計2音では、どうしても音が足りないです。音が3つになるとはっきり効果が現れます。次回は右手も伴奏に参加します。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

1  2

みんなの掲示板

ご質問・お知らせなどがございましたら遠慮なくご投稿ください。

ユーティリティ

 

最近のトラックバック