-- 6穴フルート・横笛(5) --

前の10件 1  2  3  4  5

2007年12月14日

横笛の吹き方、音を出す 2

遅くなりました。横笛の音の出し方を説明します。最初はドレミとか指穴のことは忘れて、音を出すことに専念しましょう。

  1. まず、横笛の吹口付近を両手で持ってください――スイカを持って食べるときのような手つきです――。
  2. 吹口を唇に当てます。唇の赤い部分と肌色の部分の境目のところが、吹口の手前のふちに当たる感じです。★1
  3. そのままスイカの種を飛ばすように息を吹いてください。あるいは熱いお茶をふぅーっと吹き冷ます感じでしょうか。このとき吹口の向こう側のふちを狙って息を吹きつけます。
  4. 息は吹口の穴には入りません、吹口の上をかすめていく感じです。息が吹口の上をかすめていくときに向こう側のふちにひっかかって、皮一枚うすく削ぐような感じです。

★1 吹口を当てる位置は厳密には、唇の赤い部分と肌色の部分の境目よりもわずかに内側―赤い部分―のほうがよいようです。これは個人差もあるでしょうから、いろいろ工夫してみてください。よくわからなければ気にしなくていいと思います。

横笛の音は、息が吹口のふちにかすって削げるときの音です。

横笛をくりくり回して息と吹口の角度をいろいろ変えて試していると、そのうちに音が出ると思います。音が出るようになったら、より大きな、きれいなはっきりした音が出るように試してみてください。

» とにかく音を出してみよう

あんまり鳴らないようだったら…友だちに吹かせてみてください。鳴らせる人が必ずいます、その人に教わってください。風やネコが鳴らすくらいですから、そんなに難しいことではありませんよ。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 横笛の販売は世界楽器てみる屋ネコでも鳴らせる横笛です

2007年12月05日

横笛の吹き方、音を出す 1

横笛を鳴らすのは簡単です。
「そりゃ吹ける人にとってはそうでしょうけれど…」という話ではありません。横笛は鳴るものなんです。

横笛は風が吹いただけで鳴ります

写真はドイツ、ハイデルベルグ北東のSchriesheimer Kopf山頂にある展望塔です。この展望塔は手すりのパイプにあちこち穴が開けられています――横笛ですね――、これが山風を受けてピーピー鳴ります。
» こんな音

どうです、アタリがよければ風が吹くだけで鳴るんです横笛は!

ネコも鼻息で横笛を鳴らします

以前、旅行に行った両親に代って実家でネコのお守りをしたことがあります。ある晩、横笛を膝の上に乗せてブログの記事を書いているとネコが来て、興味深げに横笛に顔を近づけました。すると「ピー」というかすかな、でもはっきりした音が鳴ったのです。ネコはびっくりしてちょっと身を引き、鼻先を近づけるとまた「ピー」という音がします。私も一瞬何事っ?と驚きましたが、ネコの鼻息が横笛の指穴に当たって鳴っていたのですね。

どうです、アタリがよければネコでも鳴らせるんです横笛は!!

風やネコにできて人間様にできないわけがないでしょう。
実際いろいろな人にやらせてみるとみんな、あっけないほど短時間に横笛を鳴らすことができました。

もしカップラーメンのお湯を沸かしている間に音が出るようになるなら、横笛に挑戦してみたいと思うでしょう。楽器を演奏できると一生楽しめます。周りの人を楽しませることもできます。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 横笛の販売は世界楽器てみる屋ネコでも鳴らせる横笛です

2007年12月03日

横笛の吹き方、上達の秘訣

先日書いた心構えに続いて、横笛…というより楽器全般に言えることですが上達する秘訣です。

ずっといつまでも続けること

ずっといつまでも続けること、これが秘訣です。これだけです、これに尽きます。
知り合いから拍手をもらうレベルであれば、単に続けているだけでいつの間にか到達します。

ただし決して投げ出さず、ずっと続けなければなりません。
がんばらなくていいです。一所懸命にならなくていいです。毎日でなくていいです。とにかく続きさえすればいいです。だから、続けるためにあらゆる手管を弄します。自分に優しく、ムリせず、だましだまし、時は背水の陣を敷きつつ、続けること。「週に一度でも触ったら私えらい」でも立派なものです。私も最初の半年はそんなペースでした。ある程度思うように吹けるようになると面白くなって、そこから急激に上達しました。(単純に触る時間が増えただけだと思うのですが。)

笛は必ずいつも目につく場所に放置してください。引き出しにしまったりしたらいつか忘れてしまいます。

それと、一所懸命に練習しすぎてはいけません。
脳生理学的に言えることでして、できないことを意固地になって練習し続けると、"できないのが上手"になります。つまりヘタのまま固まってしまいます。
新しいことを覚えるということは、脳のシワが増えるということですから、覚える速さには化学的に限界があります。「これは煮詰まったな」と思ったら数日は他の遊びをするのがいいです。案外、練習していないのにできるようになっていたりします。

誰から頼まれたわけでもありません、無理する必要もありません。とにかく続けるだけです。
それだけでいつのまにか、みんかなら「私にも教えてよ」「町内のお祭りに出演してもらえる?」と引っ張りだこになります。

がんばってください。いや、がんばっちゃいけないのか。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 横笛の販売は世界楽器てみる屋ネコでも鳴らせる横笛です

2007年12月01日

横笛の吹き方、心構え

これから横笛―6穴フルート―の吹き方について書いていきますが、まず最初に、心構えとでも申しましょうか、

志(こころざし)を低く持とう

もし横笛を吹けるようになったら、あなたは将来どうしますか。ウィーンのインペリアルホールに立って、貴人方々の満場の拍手を浴びることを夢見ていますか。

それならあなたは人生のほとんどを横笛につぎ込む必要があります。でも勉強や仕事で忙しいのに、そんな時間があるのですか。そもそも人生をつぎ込むほど、あなたは横笛のことを熱愛しているのですか。

志を低く持ちましょう、身の丈に合わせて。
登山を始めたからといってみんなエベレストを目指す必要はありません。北九州市民なら皿倉山で足を慣らして福知山と英彦山で自信をつけて、最終的に久住山を征服すれば上出来でしょう。

横笛なら自分で演奏していて「あ、今のいい感じっ」とこっそり自惚れたり、公民館のお楽しみ会で一曲披露してご町内のみなさんに拍手をもらったり、その程度です。
路上演奏していて気前のいい酔っぱらいから千円札をもらうのも、それで食っていくというほど深刻でなければ、実はその程度です。

目標を低く、そこそこのレベルまで手っ取り早く上手になればいい。
これでよろしくお願いします。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 横笛の販売は世界楽器てみる屋ネコでも鳴らせる横笛です

2007年11月29日

横笛の吹き方、概説

これから横笛―6穴フルート―の吹き方について書いていきます。他の記事も書きながらの作業なので日毎に更新する、というようなことはできません。週に一度、街の音楽教室に通うようなテンポでおつきあいしていただけるとうれしいです。

6穴フルートとは

6穴フルートとはここでは、ヨーロッパ全域で散見される素朴な横笛の総称を指します。細長い管に、吹口と6つの指穴を開けただけの簡単な構造をしています。"6つの指穴"というのはドレミファソラシの7音を出すのに必要最小限な指穴の数で、だから簡単な運指でドレミを鳴らすことができます。そのかわり半音を出すのは苦手で、だから違う調で演奏するときはムリせずに、その調専用の音程のフルートに持ち替えて演奏します。
» こんな音

歴史

ヨーロッパにおけるフルートの歴史は12世紀のドイツから始まりました。当時は「フルート(=笛)」と言えば縦笛リコーダーのことを指しましたから、わざわざ「横向きに吹くフルート」と呼んでいました。この横向きに吹くフルートは、ルネサンス末期にはヨーロッパ全土に普及して、マーチングバンドや大道芸、室内演奏会などで好んで使われるようになりました。

その後オーケストラで使われるようになったフルートはハイテク化していき、現在で「フルート」と言えば誰でも知っているあのフルート=コンサート・フルートを指すようになりました。

一方の6穴フルートは昔ながらの形を今に伝え、ヨーロッパの田舎のお祭りやマーチングバンドなどで根強く愛されています。
» The Renaissance Flute

楽器があればもっと楽しい毎日
» 横笛の販売は世界楽器てみる屋ネコでも鳴らせる横笛です

前の10件 1  2  3  4  5

みんなの掲示板

ご質問・お知らせなどがございましたら遠慮なくご投稿ください。

ユーティリティ

 

最近のトラックバック