-- 6穴フルート・横笛(4) --

前の10件 1  2  3  4  5

2008年04月03日

横笛の吹き方、楽譜の読み方 3

「横笛で吹きたい曲があるんですけど、楽譜にシャープやフラットがいっぱい付いていて大変です。」という話をお客さんから伺いました。楽譜の読み方には「固定ド」と「移動ド」の二つがあって、横笛を吹くなら移動ド読みするとうまくいきます。

楽譜の移動ド読みとダイアトニック楽器

楽譜の読み方には二つあります。

  • いつもピアノの白鍵のドレミで楽譜を読む、#やbが付いていればその音を半音上げたり下げたりする…いつも同じドレミで楽譜を読むことから、このような読み方を「固定ド読み」と言います。
  • 一方で、ドレミの位置を上下にずらして譜面を読む読み方があります。これを「移動ド読み」と言います。

横笛のように、ドレミは簡単に吹けるんだけど半音を出すのは一苦労、という楽器をダイアトニックな楽器と言います。ダイアトニックな楽器を演奏するときは楽譜を移動ドで読むのが有効です。

たとえばホ長調のチューリップを固定ドで読むと「ミファ#ソ#、ミファ#ソ#、シソ#ファ#ミファ#ソ#ファ#…」です。と言われても、これがチューリップだとはピンとこないでしょう。

一方の移動ドで読むなら、ホの音(=ピアノの白鍵のミの音)からドレミ…と読みます。するとホ長調のチューリップは「ドレミ、ドレミ、ソミレドレミレ…」と読めます。これならすぐに吹けますね。このように曲のカタチがすぐに分かるというのが移動ド読みのメリットです。

ただし弱点があって、途中で移調・転調をするような曲を読むことができません。といってもそもそもダイアトニックな楽器は移調・転調が苦手ですから…そんな曲に手を出さないのが無難です。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 横笛の販売は世界楽器てみる屋ネコでも鳴らせる横笛です

2008年03月26日

横笛の吹き方、楽譜の読み方 2

「横笛で吹きたい曲があるんですけど、楽譜にシャープやフラットがいっぱい付いていて大変です。」という話をお客さんから伺いました。楽譜の読み方には「固定ド」と「移動ド」の二つがあって、よくやるやり方―固定ド読み―はピアノのような楽器に向いています。

楽譜の固定ド読みとクロマティック楽器

楽譜の読み方には二つあります。

  • いつもピアノの白鍵のドレミで楽譜を読む、#やbが付いていればその音を半音上げたり下げたりする…いつも同じドレミで楽譜を読むことから、このような読み方を「固定ド読み」と言います。
  • 一方で、ドレミの位置を上下にずらして譜面を読む読み方があります。これを「移動ド読み」と言います。

ピアノのように、半音をすぐに出せる楽器をクロマティックな楽器と言います。クロマティックな楽器で演奏するときは楽譜を固定ドで読むのが有効です。固定ドで読むメリットは、どんな音が出てきても怯まない、どんな曲でも得手不得手なく真っ平らに演奏できる、ということです。曲の途中で移調しようが転調しようが関係ありません。だあーっと最後まで演奏できます。そしてこのような演奏を可能にするのがクロマティックな楽器だといえます。(半音の苦手な横笛だとこうはいきません。)

ただし固定ドで読むと曲のカタチが見えにくくなります。
例えばホ長調のチューリップは「ミファ#ソ#、ミファ#ソ#、シソ#ファ#ミファ#ソ#ファ#…」です。と言われても、これがチューリップだとはピンとこないでしょう。

あるいは小学校の音楽の時間に「曲の最後がドで終わるのが長調の曲、ラで終わるのが短調の曲。長調の曲は明るい感じで、短調の曲は悲しい感じ。」のようなことを習いませんでしたか。そして「そんなこと言ったって実際の楽譜を見ると、ミで終わったりレで終わったりして、ぜんぜんそんなじゃないよ。」とグチったことはありませんか。

最近のカッコイイ曲は一概に長調だ短調だと決めつけることはできませんが、それでもたいてい、ドかラの音で終わるというのは本当です。そしてそんな基本的なことでさえ、楽譜を固定ドで読んでいては見えてこないのです。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 横笛の販売は世界楽器てみる屋ネコでも鳴らせる横笛です

2008年03月19日

横笛の吹き方、楽譜の読み方 1

「横笛で吹きたい曲があるんですけど、楽譜にシャープやフラットがいっぱい付いていて大変です。」という話をお客さんから伺いました。ピアノならシャープだろうがフラットだろうがそのまま強引に演奏してしまうところですが、半音を出すのに一苦労の横笛ではそうはいきません。

半音に強い楽器、弱い楽器

そもそも半音に強い―半音を簡単に出せる―楽器とそうでない楽器があります。

たとえばピアノは半音に強い楽器です。黒鍵を叩けば簡単に半音が出ます。このような楽器をクロマティックと言ったりします。クロマティックな楽器の本質は「全部の音をすぐに出せるように出来ている」ということです。全部の音を出せますからどんな曲でも弾けます。曲の途中で移調しようが転調しようが怯みません。

そのかわり演奏は比較的にむつかしくなります。ピアノの鍵の数は88、名曲「ネコふんじゃった」を演奏するのに必要な音の数が15個くらい?だとすると、演奏者の目の前には実に5倍以上の『絶対に使わない弾いてはいけない鍵』がずらっと並んでいるわけです。統計的に考えれば、そりゃ弾き間違えますよね…

一方の横笛はドレミを吹くのは簡単ですが、半音を出すためには指穴を半分開けたりと一苦労です。このような楽器をダイアトニックと言ったりします。ダイアトニックな楽器の本質は「必要最小限の音だけ用意している」ということです。そういう意味では日本の篠笛やインディアンフルートなども(音階がドレミではありませんが)ダイアトニック的な楽器と言っていいと思います。

ダイアトニックな楽器の演奏は比較的に簡単です。そもそも出せる音が少ないので間違えることも少ない。そのかわりちょっと音の高さを変えて演奏する、というようなことが難しい。曲の途中で移調・転調なんて勘弁してほしいです。このような楽器を演奏するときは「楽譜を移動ド読みする」とうまくいきます。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 横笛の販売は世界楽器てみる屋ネコでも鳴らせる横笛です

2008年02月07日

横笛の吹き方、中休み 1

半音記号の付いた楽譜を簡単に演奏するには

「横笛で吹きたい曲があるんですけど、楽譜にシャープやフラットがいっぱい付いていて大変です。」という話をお客さんから伺いました。たしかに。ハ長調の曲は分かりやすくていいのですが残念ながら、たいていの楽譜には#やbなど半音記号が付いています。「歌うと簡単な曲なんだから横笛でも簡単に吹ければいいのに。」まったくそのとおりです。

固定ドと移動ド

実は楽譜の読み方には二つあります。
ピアノの白鍵のドレミで楽譜を読む、#やbが付いていればその音を半音上げたり下げたりする…いつも同じドレミで楽譜を読むことから、このような読み方を「固定ド」と言います。

一方で、ドレミの位置を上下にずらして譜面を読む読み方があります。これを「移動ド」と言います。#やbの数にしたがって適切にドレミをずらして読むと、メロディーは劇的に簡単になります。

以下はホ長調の楽譜です。いつものように「固定ド」で読んだドレミを付けています。これを笛で吹くときは、#の付いている音を半音高くして吹くのを気をつけてください。

一方の「移動ド」というのはホ長調の場合、ふつうのミの音からドレミ…と読みます。同じ楽譜を「移動ド」で読よむとこうなります。

実はこれはチューリップの曲でした。「ドレミ ドレミ ソミレドレミレ」これなら簡単に吹けますね。

チューリップにかぎらず、たいていの曲はこのようにドレミの位置を上下にずらして読むと簡単になります。

譜面を「移動ド」で読む方法

このように便利な移動ド読みなのですが、ただでさえ楽譜を読むのがたいへんなのに、ドレミをずらして読めるものかっ。ということで、プログラムを作りました。ふつうにドレミを書いて、譜面に付いている#やbの数を指定すると、移動ドのドレミに変換します。

» 固定ドを移動ドに変換するプログラム

あるいはページ右の『ユーティリティ』からでもご利用になれます。

たいていの曲はこれで#とbが落ちて簡単になります。オマケみたいなプログラムなのでそこそこの性能ですが、よろしければご利用ください。

移動ドの詳しい説明は次回にでもしましょう。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 横笛の販売は世界楽器てみる屋ネコでも鳴らせる横笛です

2008年01月29日

横笛の吹き方、運指・指使い・音階 4

半音の出し方

6穴フルートの半音の出し方です…というより世界中の笛はたいていこうやって半音を出します。

半分指穴をふさぐ

指をひねるようにして指穴にすき間をつくります。指穴のすきまが半分なら音の高さも半分になる、わかりやすいといえばわかりやすいですが音が不安定になりがちです。

指穴を一個とばしでふさぐ

こちらの方が簡単ですが、笛の種類や音の位置によってはうまくいかないことがあります。

シャープやフラットの付いている楽譜を演奏するには

「吹きたい曲があるんですけど、楽譜にシャープやフラットがいっぱい付いていて大変です。」という話をお客さんから伺いました。

ちょっと待ってくださいっ、シャープやフラットの付いている音符を全部半音にするつもりですかっ!。シャープやフラットがいくつ付いていようと、たいていの曲はふつうに吹くことができます。「え、でもシャープの付いているところをふつうに吹いたらヘンな音になりますけど。」…いやそういうことでもなくて。

すみません、プログラム開発の納品が月末で時間がありません。シャープやフラットのついている楽譜を演奏する方法は次回に説明させてください。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 横笛の販売は世界楽器てみる屋ネコでも鳴らせる横笛です

2008年01月20日

横笛の吹き方、運指・指使い・音階 3

6穴フルートのべつの音階

6穴フルートの音階は下からドレミファ…のほかに、もう一つべつの音階が使えます。

○…指穴をあける、●…指穴をふさぐ

» 下からソラシド…

この音階が便利なのは低いドよりもさらに低い音を使うことができることです。ふつうの音階とこちらの音階が使えたらたいていの曲をカバーします。どちらかというとむしろ、こちらの音階の方をよく使うかもしれません。

  • ファの指使いがなんだか変わっていますが、こんなものだと納得してください。
  • お手持ちの横笛によってはファの音がうまく出ないことがあります。そのときは以下のようにします。

①の方法…指穴をもう一つふさぎます。
②の方法…一番上の指穴だけ半分あけます。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 横笛の販売は世界楽器てみる屋ネコでも鳴らせる横笛です

2008年01月15日

横笛の吹き方、運指・指使い・音階 2

6穴フルートの音階ぜんぶ

6穴フルートの音階は、下のドの音から上のドの音までだいたい2オクターブ出ます。2オクターブぜんぶの運指は以下のようになります。

○…指穴をあける、●…指穴をふさぐ

» 下からドレミファ…

高いオクターブのドレミは低いオクターブのドレミと同じ運指で、息をぎゅっと強めに吹きます。唇の先を固くしぼって息を細く鋭くピューッという感じに吹きます。

  • 高いシの音は…指穴をぜんぶあけて強く吹けば出ると思うのですが、私は出せません。
  • 一番高いドの音は力いっぱい細く鋭く吹きます。でもふつうは使わないと思います。

人間の気持ちよく歌える音域が1オクターブ程度ですから、ふつうの曲ならこれでだいたい吹けます。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 横笛の販売は世界楽器てみる屋ネコでも鳴らせる横笛です

2008年01月01日

横笛の吹き方、運指・指使い・音階 1

運指の練習

6穴フルートを鳴らせるようになったら運指の練習をしましょう。
フルートの持ち方・構え方は前に説明したとおりです。

  • 吹口に近い3つの指穴を左手で押さえます
  • 残りの3つの指穴を右手で押さえます

最初にぜんぶの指穴をあけて吹いてみてください。音が出ますか?
音が出るのを確認したら、吹口に近い指穴から順にふさいでいってください。
指穴を一つふさぐたびに、そこで音が出ることを確認してください。
大丈夫なら更に指穴をふさいでいきましょう。もし音がかすれたり出なくなったりしたら、指穴をぜんぶあけて最初からやりなおします。

音が出なくなるのは、次の理由が考えられます。

  • 息を吹く角度が狂ってきた
  • 指穴がきちんとふさがっていない、すき間があいている
  • 息が強すぎる★1

★1 指穴をふさぐにつれて音が低くなります。低い音ほどそっと吹かないとヘンな音になります。「ふぅーっ」と吹くよりも「ほぉーっ」という感じです。

6穴フルートの音階

6穴フルートの音階は上からシラソファミレドです。指穴をぜんぶあけたときの高い音がシ、全部ふさいだ低い音がドになります。

○…指穴をあける、●…指穴をふさぐ

» 上からドシラソファミレド

ちなみに高いドの音は低いドと同じ指づかいで、息をぎゅっと強めに吹きます。これは次回に詳しく説明しますね。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 横笛の販売は世界楽器てみる屋ネコでも鳴らせる横笛です

2007年12月24日

横笛の吹き方、持ち方・構え方

横笛を吹くのは初めてでも、吹いているのを見たことはあるでしょう。右の図のように、6穴フルートの吹口に近い3つの指穴を左手で、残りの3つの指穴を右手で押さえます。

  • 吹口に近い3つの指穴を左手の人差指・中指・薬指で押さえる
  • 残りの3つの指穴を右手の人差指・中指・薬指で押さえる

座っても立ってもいいですが、背筋をまっすぐ伸ばしましょう。でないと息をたくさん吸い込むことができません。笛は地面に水平~ちょっと傾いたくらいに構えます。

指穴は、指の腹(=指紋のうずまきのあるところ)★1 で押さえればいいと思います。親指の位置は人差指と同じか、あるいは中指と同じ位置にすると楽です…左の写真のようにすると痛いです。

★1 大型の長い笛の場合、指の関節と間接の間で指穴を押さえます。やりにくいですが、そうしないと指穴を押さえられませんし。
» 大きな笛の指穴を押さえるには

楽器があればもっと楽しい毎日
» 横笛の販売は世界楽器てみる屋ネコでも鳴らせる横笛です

2007年12月19日

横笛の吹き方、ビブラート

横笛の音が出せるようになったら、ついでにビブラートも練習しましょう。笛の演奏中に音をぴぃー~~~~ときれいにゆらすアレです。

ビブラートをかけるには、横笛をふーっと吹きながらうふふふっと笑います。おおざっぱに言うとビブラートはそういうことです。

» ビブラートをやってみる

コツが分かったらいろいろやってみましょう。大げさにやってみたり少しだけやってみたり、ゆっくりまたは速く。日本の演歌みたいにやってみたり、TVの音楽番組で観たフルートプレイヤーを真似してみたり。

日常では笑う筋肉を意識して使うことがないので最初はきれいなビブラートがかかりませんが、慣れの問題です。そのうち「うりゃっ」と思っただけで勝手にビブラートがかかる体質になります。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 横笛の販売は世界楽器てみる屋ネコでも鳴らせる横笛です

前の10件 1  2  3  4  5

みんなの掲示板

ご質問・お知らせなどがございましたら遠慮なくご投稿ください。

ユーティリティ

 

最近のトラックバック