-- 6穴フルート・横笛 --

« 九州だって寒いときは寒い | メイン | 誰とも… »

横笛の吹き方、運指・指使い・音階 1

運指の練習

6穴フルートを鳴らせるようになったら運指の練習をしましょう。
フルートの持ち方・構え方は前に説明したとおりです。

  • 吹口に近い3つの指穴を左手で押さえます
  • 残りの3つの指穴を右手で押さえます

最初にぜんぶの指穴をあけて吹いてみてください。音が出ますか?
音が出るのを確認したら、吹口に近い指穴から順にふさいでいってください。
指穴を一つふさぐたびに、そこで音が出ることを確認してください。
大丈夫なら更に指穴をふさいでいきましょう。もし音がかすれたり出なくなったりしたら、指穴をぜんぶあけて最初からやりなおします。

音が出なくなるのは、次の理由が考えられます。

  • 息を吹く角度が狂ってきた
  • 指穴がきちんとふさがっていない、すき間があいている
  • 息が強すぎる★1

★1 指穴をふさぐにつれて音が低くなります。低い音ほどそっと吹かないとヘンな音になります。「ふぅーっ」と吹くよりも「ほぉーっ」という感じです。

6穴フルートの音階

6穴フルートの音階は上からシラソファミレドです。指穴をぜんぶあけたときの高い音がシ、全部ふさいだ低い音がドになります。

○…指穴をあける、●…指穴をふさぐ

» 上からドシラソファミレド

ちなみに高いドの音は低いドと同じ指づかいで、息をぎゅっと強めに吹きます。これは次回に詳しく説明しますね。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 横笛の販売は世界楽器てみる屋ネコでも鳴らせる横笛です

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

みんなの掲示板

ご質問・お知らせなどがございましたら遠慮なくご投稿ください。

ユーティリティ

 

最近のコメント

最近のトラックバック