-- てみる屋業務日誌(4) --

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

2013年12月27日

12/31まで通常営業します

世界楽器てみる屋は12/31まで通常営業します。
突然の風邪でかなり休んでしまって、予定の仕事がぜんぜん終わりません。

正月は棚卸しするため、商品の配送が出来なくなります。
注文メールは…手の空いたときに応答しますね。
通常営業を再開するのは1/6(月)です。
少々早いですがみなさん、よいお年を。

5つの楽器を新発売しましたっけ

うちは街であまり見かけない楽器を売っているので、初めていらっしゃるお客さんには大抵、大喜びして頂いてるみたいです。もちろん以前からおつきあいしているお得意さんにも楽しんで頂けるようにと、毎年できるだけ新しい楽器を発売するよう心がけています。今年は以下の5つの楽器を新発売しました。

  • ノルウェーの口琴
  • ウドゥドラム
  • ウォーターフォン
  • 新しい形のデュエットオカリナ
  • ダチョウの骨の笛

…特殊な用途の楽器が多くて、正直あまり売れていません。
しかしながらウドゥドラムとウォーターフォンという、新しいジャンルを2つ増やしたことは、我ながら評価しています。来年はもう少し、ぱっと買ってぱっと楽しめそうなチョイスでいきたいところです。

初音ミクを始めました

気づいてたかもですが、最近、初音ミクを始めました。
ミクは2007年の夏にチュートリアルの『しゃぼん玉』で挫折して以来の6年越しのリベンジです。

ミクの何が大変かというと、ミクをまるで生きているように歌わせるためには「パラメータをオートメーションする」という手作業が必要で、これが神経質な上に膨大な時間がかかるのです。私が挫折した理由もそれです。

今回は6年かけて集めたBand-in-a-Box、Javascript、エンベロープフォロワなど、ありったけのギミックを投入しての挑戦です。

今のところ成果は上々でして、夕方から始めて夜中には作業が完了する速度で、他の人のミクよりも人間らしい歌い方をします。などと得意になっていたら、先日遊びに来た友人から「はっきり言って他のミクと区別が付かない」と言われて、しょんぼりしました。

まだまだ試行錯誤の段階ですしね。
最終的には例えば、月曜日に放送された新番組のOPを、”本気レベル”と言われる品質で完成させて週末にニコニコ動画に投函することが可能になる予定です。
そこまでして…挫折するときは挫折しますよ。

逆に言うと、
試せることを全て試し尽くすまで、他人から何を言われようが挫折する理由にはならない、ってことです。

新しいコンプレッサを試したい

高性能・多機能なコンプレッサを新調しました、5千円しました。

コンプレッサは大昔からあるエフェクタです。製品版のみならずフリーウェアも山ほど出回っていて、どれもこれも似たような物である一方、それぞれ微妙に個性があったり性能が違ったりします。

今回購入したコンプレッサの用途は、まずは初音ミクに使うためです。
これを使うとミクの歌がメリハリのあるパンチの効いた歌い方になるはずだと、期待しています。もちろん、笛など他の楽器にも応用できますよ。早く試してみたくてうずうずしています。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

2013年12月02日

ダチョウの骨の笛を販売開始

本物のダチョウの脚の骨で出来た笛です。

» ダチョウの骨の笛を演奏してみました

これはインディアンフルート――北米インディアンに伝わる笛の一種です。
現代のインディアンフルートは専ら木で出来ていますが、歴史的には獣や鳥の骨も素材として使われました。

ダチョウは、オーストラリアのあのダチョウです。
図体が大きい割におとなしいので、食用として北米を始め世界中で飼育されているそうです。ダチョウは北米の鳥はありませんが、七面鳥の骨の笛もあるという話ですし、まあアリかなとも思っています。

造作はすこし拙いというかアマチュア仕事ですが。オクターブバランスはきちんと取れていて気持ちよく演奏できます。

音色は、木や竹のインディアンフルートと違う硬い音色です。
私が密かに師と仰ぐジョセフ・ファイヤークロウがこんな硬い音で演奏しますから、私としてはこれは高得点です。拙い造作と音色を天秤にかけて…僅差で販売することに決めました。» ダチョウの骨の笛のウェブカタログはこちら

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

2013年10月23日

キツネの頭蓋骨のフルートスタンド

以前からときどき、笛のスタンドについて問いあわせを頂いてました。
確かに、インディアンフルートなど珍しい楽器を玄関やリビングルームにディスプレイすれば、客の目を引くことでしょう。「これは何ですか?」と話が弾んだりするでしょう。

私も思いだしては探していて、でもなかなか気の利いた品が見つからなかったのですが。ふと、これでもいいのかなと思いました。ハイイロギツネの頭蓋骨のスタンドです。

いやまあ本当にこういう専用の笛スタンドがあるわけではなくて。
単なる標本模型をスタンドに使ってみただけです。そういえばなかなかリアルな見栄えですが。それもそのはず、学校や博物館など教育機関に納品する用の精巧な標本模型なのでした。

笛のスタンドとして使ってみたところ、ころころと、今ひとつ笛の据わりの悪いことがわかりました。実際に販売するときは、笛の下に敷く小さなクッションみたいなものを付ける必要があるでしょう。

しかし無理して頭に笛を乗せなくても、横に置いて飾ってもいいですし、いっそそのまま単品で飾っても珍しい置物になるでしょう。そうそう美術デッサン用にも最適ですよ、ってもう笛関係ないです。

おそらく卸売りしてくれるはずです、今から確認してみます。
けっこう高価です、学術的な模型なので。うちで販売したときの価格は…なんとか1万円を切る感じですか。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

2013年09月26日

次回の商品配送は9/26から-臨時休業中

2013/9/21(土)~9/25(水)まで臨時休業です。
注文メールにはできるだけご返事しますが、商品の配送はいちばん早くて9/26(木)になります。

父と旅行に行きます、姫路城の方に。
私は自分からは旅行に行きたいとは思いませんが。老い先短い父からのお誘いです。親孝行はできるうちにしておかないとですね。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

2013年09月18日

The design of the Wood-n-Bone's Doulbe Ocarina

I describe the conclusion first.
As compared with the four holes double ocarinas of other ateliers, Wood-n-Bone's four holes double ocarina had sufficient quality. Wood-n-Bone should abandon the design of five holes, and should adopt the design of the previous four holes.


Nobody can make a perfect double ocarina.

A standard double ocarina expresses one octave by four finger holes. Therefore, concert pitch is expressed as an approximate value.

Increase of pitch follows an exponential function. Therefore, it is impossible to express it correctly by addition and subtraction of finger holes. It is mathematically and physically impossible to express the exact pitch by four finger holes.

Although five finger holes are more exact than four holes, it is by no means perfect.

We select important notes.

Nobody can make a double ocarina of perfect concert pitch. Regrettably we have to make severe choice. We should adopt the notes which we often use and should abandon the seminotes which we rarely use.

The followings are nine important notes. They are an diatonic and one seminote. Other seminotes are abandoned.

ninenotes130918.gif

4 holes double ocarina is sufficient quality.

All over the world, three ateliers are making a double ocarina which expresses one octave by four finger holes. In order to express one octave by four finger holes, concert pitch is certainly an approximate value. However, the qualities are practical enough. Many amateur and professional players in the world are supporting these.

On the contrary, the quality beyond these is superfluous.

The quality of the Wood-n-Bone's double ocarina is enough.

Wood-n-Bone's double ocarina expresses one octave + one note by four finger holes. The range of tones is wider than that of the ocarina of other ateliers. This is the big strong point.

tennotes130918.gif

The approximation accuracy of the Wood-n-Bone's double ocarina is completely equivalent to the approximation accuracy of the double ocarina of other ateliers. Therefore, if it is evaluated that the double ocarina of other ateliers is practical, it should be evaluated that the Wood-n-Bone's double ocarina is also practical.

And the quality beyond it is superfluous. There is no reason for adopting the design of 5 holes.

Proof of quality

The range of tones of the Woo-n-Bone's double ocarina is wider than that of the double ocarina of other ateliers. Nevertheless, mutual quality is equivalent. The following is the proof.

Do,Re,Mi,Fa,So,La

doremifasola130918.gif

The mutual fingering is completely the same. Therefore, those approximation accuracy is also completely equivalent.

Ti(b),Ti,Do

tido130919.gif

Mutual fingerings differ. In the double ocarina of other ateliers, the hole of index finger is opened. On the other hand, in the Wood-n-Bone's double ocarina, it is closed.

However, in the Wood-n-Bone's double ocarina , if the finger hole of thumb is enlarged enough, it can show the same effect as the fingering of the doulbe ocarina of other ateliers. That is, also in here, mutual approximation accuracy is completely equivalent.

Re,

re130919.gif

Only the Wood-n-Bone's double ocarina can sound this note.

As an extreme talk, the pitch of this note may be inaccurate. It is a global standard to express one octave by four finger holes. The Woo-n-Bone's double ocarina has already cleared this standard. Even when the pitch of Re is inaccurate, it is no reason for evaluating the Wood-n-Bone's double ocarina low.

Summary

The Wood-n-nBone's double ocarina of 4 holes had cleared the global standard. Wood-n-nBone should abandon the design of 5 holes, and should adopt the design of the previous 4 holes.

Of course, approximation accuracy equivalent to the product of other ateliers should be required. The beauty of the tone should be required. However, the quality beyond it is superfluous.

The Wood-n-Bone's double ocarina of 4 holes can play range of tones wider than the product of other ateliers. It is tunable. It is a wonderful musical instrument.

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

2013年09月08日

ウッドゥン・ボーン工房のデュエットオカリナの設計

結論から述べる。
ウッドゥン・ボーン工房の4つ穴のデュエットオカリナは、他の工房が製作する4つ穴のデュエットオカリナと比較して、十分な品質であった。ウッドゥン・ボーン工房は5つ穴の設計を放棄して、旧来の4つ穴の設計を採用するべきである。


完璧なピッチのデュエットオカリナは製作できない

標準的なデュエットオカリナは、4つの指穴で1オクターブを表現する。そのため、コンサートピッチはどうしても近似値になる。

ピッチの増加は指数関数に従うのだから、それを指穴の足し算引き算によって正確に表現することは不可能だ。4つの指穴で正確なピッチを表現することは、数学的に物理学的に不可能だ。

状況は5つの指穴でも同様である。
4穴よりは正確だが、決して完璧ではない。

重要な音を取捨選択する

完璧なコンサートピッチのデュエットオカリナを製作することは決してできない。残念だが、私たちは辛い取捨選択をしなければならない。私たちはよく使う音を採用して、滅多に使わない半音を見捨てるべきである。

以下は重要な9つの音である。それらはダイアトニックと一つの半音である。
他の半音は見捨てられる。

4つ穴のデュエットオカリナは十分な品質

世界中で3つの工房が、4つ穴で1オクターブを表現するデュエットオカリナを製作している。4つの指穴で1オクターブを表現するため、コンサートピッチは必ず近似値である。しかしながら、それの品質は十分実用的である。世界中の多くのアマチュアやプロの演奏家はこれらを支持している。

逆に言うと、これら以上の品質は過剰である。

ウッドゥン・ボーン工房のオカリナの品質は他の工房の製品と同等

ウッドゥン・ボーン工房のデュエットオカリナは、4つの指穴で1オクターブ+1音を表現する。音域は他の工房のオカリナのそれよりも広い。

これは大きな長所である。デュエットオカリナの音域は狭い。だから、1音でも多く演奏できることは、大きな長所である。

ウッドゥン・ボーン工房のデュエットオカリナのピッチ精度は、他の工房のデュエットオカリナのピッチ精度と全く同等である。だから、他の工房のデュエットオカリナが実用的だと評価されるなら、ウッドゥン・ボーン工房のデュエットオカリナも実用的であると、評価されるべきだ。

そしてそれ以上の品質は過剰である。
5つ穴の設計を採用する理由はない。

品質の証明

ウッドゥン・ボーン工房のデュエットオカリナの音域は他の工房のデュエットオカリナのそれよりも広い。にもかかわらず、お互いの品質は同等である。以下はその証明である。

ドレミファソラ

お互いの運指はまったく同じである。そのためコンサートピッチの近似精度もまったく同等である。

シbシド

お互いで運指が異なる。他の工房のデュエットオカリナでは、人差指の穴は開けられる。一方でウッドゥン・ボーン工房のデュエットオカリナでは、それは閉じられる。

しかしながらウッドゥン・ボーン工房のデュエットオカリナにおいて、十分に親指の指穴を大きくすれば、他の工房のデュエットオカリナの運指と同様の効果を得ることができる。結局、ここにおいてもお互いのコンサートピッチの近似精度はまったく同等である。

ウッドゥン・ボーン工房のデュエットオカリナのみこの音を鳴らすができる。

極端に言うと、この音のピッチは不正確でよい。4つの指穴で1オクターブを演奏できることが、世界的な標準の品質である。ウッドゥン・ボーン工房のデュエットオカリナは既にこの標準をクリアしている。レの音を鳴らすことができるということ、そのこと自体が驚愕的だ。もしレのピッチが不正確でも、それはウッドゥン・ボーン工房のデュエットオカリナを低く評価する理由にはならない。

総括

ウッドゥン・ボーン工房の4つ穴のデュエットオカリナは、世界レベルの品質をクリアしていた。ウッドゥン・ボーン工房は5つ穴の設計を放棄して、旧来の4つ穴の設計を採用するべきである。

もちろん他の工房の製品と同等のピッチ精度は要求されるべきである。音色の美しさは要求されるべきである。しかしながら、それ以上の品質は過剰である。

ウッドゥン・ボーン工房の4つ穴のデュエットオカリナは、他の工房の製品よりも広い音域を演奏することができる。それはチューニングすることができる。それは素晴らしい楽器である。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

2013年08月21日

プレゼントキャンペーン終了、当選者決定

2013年の夏のプレゼントキャンペーンが終了しました。
今回もほんとうに大勢の……とは言い難い、例年のごとく数十人のお客さんだけが応募してくれた、小ぢんまりとしたイベントでした。

きっとほとんどのお客さんは、てみる屋が毎年こんなイベントを開催しているなんて知らないのでしょうね。って分かってるんだったら事前にお客さん全員にメールで告知しろよ、という話ではありますが。逆に自分の意思で確実に応募してきている人にとっては、不用意に競争相手を増やしてくれるな、という話でもあります。結局、幸福の総和はゼロなので、私は手取り足取りメールで告知したりしませんよ。

予定通り8/20に応募を締めきり、既に当選者を決定しました。
当選者にはその旨をメールで伝えています。プレゼントはできるだけ早いうちに配送します。荷物の送料は着払いなので、完全無料ではないですよ。気をつけてください。

できれば当選者の人はFacebookやmixiで吹聴してくださいまし。
ほんとうにプレゼントしているんだという証拠になりますし、てみる屋の宣伝になるので嬉しいです。よろしくお願いします。

そんなですから、今の時点で(それで私は当たったのかな?)と言っている人は、残念ですが外れています。夏のプレゼントキャンペーンは、てみる屋が健全に事業を続けている限り毎年開催します。今年だめだった人も来年に期待して、忘れないようにカレンダーに印をつけて、ぜひ応募してください。

応募資格は終身です。
確実に毎年応募していれば、いつかてみる屋につぎ込んだお金を全額取りもどすことも夢ではありません……今回は、実際に取りもどした人もいますしね。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

2013年07月15日

★ 2013年プレゼントキャンペーン実施中 ★

世界楽器てみる屋のお客さんのための夏休みイベントです。
期間内に応募してくれたお客さんに、抽選でプレゼントを差しあげます。
※ プレゼントの送料はお支払いください。だからまったく無料ではないですよ。

プレゼント内容

プレゼントは次の6点です。詳細は下をご覧ください。

  1. JJ's オカリナキット
  2. あだちの華笛
  3. WNBデュエットオカリナ
  4. キッチンパイプ
  5. WNBデュエットホイッスル
  6. カイサドラム

応募資格

昔から2013年7月15日までに、てみる屋の商品を購入してくれた人。
※ 今まで購入してくれた総額によって応募できるプレゼントが決まります。
たとえばJJ's オカリナキットは無条件に応募できますが、カイサドラムは今までに総額160,000円以上購入していなければ応募できません。

応募方法

てみる屋宛てに電子メールをください。
件名に「プレゼント応募。オカリナキットと華笛。」みたいな、まあなんのメールか分かればいいです。あと本文にお名前と、できれば住所も書いていただければ完璧です。
てみる屋は、いつ誰に何を幾らで売ったか、完璧に把握しています。名前、住所、メールアドレスのどれか一致すればお客さんだと判断できますので。

なお、今まで累計で160,000円以上購入した人は、1人で6つのプレゼントぜんぶに応募できます。(当たるのは1つだけ。)
70,000円以上なら1~5のプレゼントぜんぶに応募できます。21,000円以上なら1~4のプレゼントぜんぶ。15,000円以上なら1~3のプレゼントぜんぶ。2,500円以上なら1~2のプレゼントぜんぶ。別に無理してぜんぶ応募しなくていいですよ。欲しくないプレゼントは他のお客さんに譲ってあげてください。

300円くらい…しか購入していない人でも、1のJJ's オカリナキットなら誰でも応募できます。

〆切

2013年8月20日までにメールをください。

抽選方法

サイコロでも転がします。かんぜんにランダムです。

当選発表

2013年8月30日以降にプレゼントの配送をもってお知らせします。

JJ's オカリナキット

応募資格:今までにてみる屋で何か一つでいいから購入した人なら誰でも応募できます。

缶箱の中にジグゾーパズルのような木のピースが入っていて、説明書のとおりに組みたてるとキャラメル粒みたいに小さなオカリナが出来上がります。

これできちんとドレミを演奏できるようですが、まさか楽器として素晴らしい品質だとは期待できない。これは実際に組みたてて遊ぶのではなく、組みたてて完成したところを想像してむふふと楽しむのが正解な気がします。気の利いたプレゼントとしても良さそうです。

いつだったか、北米のハインド・インストゥルメンツ工房が荷物の中に同封してくれたものです。小ネタとしておもしろい。そのうちてみる屋でも販売するかもしれませんが、先んじてプレゼントします。

あだちの華笛(2人に当たります)

応募資格:今までにてみる屋で合計2,500円以上購入した人なら応募できます。

あだちの華笛の中でも特に美しい品です。メイド・イン・ジャパンらしい繊細な寄せ木細工で出来ています。ふつうの華笛に混ぜて売るわけにもいきません。これをプレゼントします。

WNBデュエットオカリナ

応募資格:今までにてみる屋で合計15,000円以上購入した人なら応募できます。

ニュージーランドのウッドゥン・ボーン工房からサンプルとして取りよせた品です。販売を即決したくらいよい品でしたが、ここから工房の主人がいろいろ改造して、今てみる屋で販売しているデュエットオカリナは指穴が5つあります。

なので生産終了になってしまったこの旧式のデュエットオカリナをプレゼントします

キッチンパイプ

応募資格:今までにてみる屋で合計21,000円以上購入した人なら応募できます。

キッチンパイプは英国のバグパイプ・ガロア社が販売している製品シリーズの中で、ずっと最安モデルで したが。今では新製品のPSパイプがその位置づけです。キッチンパイプの方はというと、コンセプトのよく分からない宙ぶらりんなモデルになってしまいました。

てみる屋はPSパイプを販売しています。この間たくさん注文したら、間違って一つだけキッチンパイプが混ざっていました。交換のために送りかえすのも面倒くさい。プレゼントすることにしました。

WNBデュエットホイッスル

応募資格:今までにてみる屋で合計70,000円以上購入した人なら応募できます。

ニュージーランドのウッドゥン・ボーン工房からサンプルとして取りよせた品です。楽器そのものとしては悪くはないのですが……
これで7万円はない。

これよりスペックの高いデュエットオカリナが3万くらいで手に入るのですから、なおさら霞んでしまいます。せめて4万円くらいだったら売るんですけど。そんなで販売を断念しました。プレゼントにします。

カイサドラム

応募資格:今までにてみる屋で合計160,000円以上購入した人なら応募できます。

ドイツのアフロトン社が2013年の春に発表した新モデルです。

この手のパーカッションの定番的デザインである中央の重低音を無くして、その代わりに複数の高音を配置しました。

ぜんぶで13音、音域は1オクターブ半、ドレミファソラシドがすべて揃っている異色のカイサドラムです……って知っている人が見ればなんのことはない、単にスチールパンを裏返しにしただけなんですけどね。

まだ本物が手元にないので憶測ですが、重低音がないため、特定のスケール感に囚われない軽快な音がするでしょう。ドレミファソラシドがすべて揃っているので、自由にコード進行を作ることができます。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

2013年07月02日

新しいデュエットオカリナ

近々世界楽器てみる屋で販売する新しいデュエットオカリナです。

デュエットオカリナは二つの音が出るオカリナです。
一人で合奏ができます。和音で鳴り響くデュエットオカリナの音色は大インパクトで、コンサートや、忘年会や結婚披露宴などで重宝します。

世界中でいくつかの工房がデュエットカリナを製作しています。
世界楽器てみる屋は3社と取引していまして、そのうちのハインド・インストゥルメンツ工房から、新作のデュエットオカリナがサンプル品として送られてきました。「ふつうの形をしたデュエットオカリナは珍しいだろう」とのこと。確かに初めて見ましたよ。

NCWデュエットオカリナと同じ仕様

この新しいデュエットオカリナは、指穴が表に6つ、裏に2つ。片手で4つの指穴を操作して1オクターブを演奏できます。左手側が伴奏用の低音管で、右手側がメロディを演奏する高音管。左右のオカリナの音程は完全四度です。ってこれはノース・カントリー・ワークショップ(NCW)工房のデュエットオカリナとまったく同じ仕様ですね。

NCWデュエットオカリナの運指は、最近ではYouTubeの動画として、たくさん公開されています。新しいデュエットオカリナはそれをそのまま参考にして演奏することができますよ。

NCW工房はこのところぜんぜん働いていなくて、予約しているお客さんにいつお渡しできるか、私にも分からない状況です。どうしてもというこだわりがなければ、こちらの新しいデュエットオカリナを選択するのもありでしょう。

使い勝手はNCWデュエットオカリナとまったく同じで、
大きなはっきりした音色です。初心者はどうしても力一杯息を吹きこんでしまいますから、こういう、加減なしに吹いても音の割れにくい笛が向いているかもしれません。資金を準備でき次第、仕入れて販売します。5万円くらいになる予定です。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

2013年01月01日

元旦も平常運転してます

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

なんというか、いつもと変わらない一日です。
私としては平常運転しているつもりです。なんとなくふつうに仕事をしています。っても棚卸しして大晦日の時点での在庫状況を把握するまで商品を動かすことはできませんから、配送業務はできません。なので注文メールも放置しています。

届いた年賀状の束をめくりながら友人の住所に変更がないか確かめたり、今後のインディアンフルートの販売をどうするべきか★、近所のファミレスにノートブック持ち込んで、うんうん思案したりしています。あるいはこういうブログ記事を書いたりね。

先日、昨年最後の演奏動画をYouTubeとニコニコ動画に投函しました。
次回の演奏動画もインディアンフルートでエンヤを演奏します。曲は『China Roses』を予定しています。ずっと穏やかな音楽作品ばかり製作してきたので、さすがに飽きました。スネアが炸裂しギターが絶叫するような曲をやりたいです…

お客さんの注文を受け付けたり商品の配送を行うのは、ウェブショップに告知したとおり1/7(月)からになります。それまでは棚卸しして、演奏動画の伴奏を製作して、ブログの記事を書きためて…という、そんな感じです。

★今後のインディアンフルートの販売
北米のインディアンフルート市場を食い尽くした最大大手の企業が日本に進出し、販売代理店を立ち上げて、あっという間に日本国内の市場を独占しました。それが昨年に起こったことです。私らのように昔からインディアンフルートを日本に紹介し広めてきた個人経営の商店は、市場を奪われて大打撃です。もちろん大資本には勝てません、私たちが少しずつ育ててきた市場は既に彼らの私有物となりました……
えい嘆いても仕方ない、そんなこんなで生き残るためにあの手この手なのですよっ。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

みんなの掲示板

ご質問・お知らせなどがございましたら遠慮なくご投稿ください。

ユーティリティ

 

最近のトラックバック