-- てみる屋業務日誌(11) --

前の10件 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14

2008年08月01日

トニー・ディクソンのフルートを入荷

英国トニー・ディクソン社はアイリッシュフルートやホイッスルのメーカーです。ポリマー樹脂やアルミニウムを素材にした彼らの楽器は廉価なわりに品質よく、アマチュアなら次回のライブにぜひ使ってみたい、プロフェッショナルなら練習用に1本ほしい、そんな位置づけです。

写真はアルミ製のローホイッスル、ヘッドとボディの長さを調節してチューニングできます。
これで『タイタニック』を吹けるようになりたい。
手始めに4種類入荷しました。

  • アルミ製のアイリッシュフルートD管
  • アルミ製のローホイッスルD管
  • ポリマー樹脂製のアイリッシュフルートD管
  • ポリマー樹脂製のローホイッスルD管

アルミ製はいずれもチューニング可能、ポリマー樹脂製はチューニング固定です。
近日中にウェブカタログに並べます。とりあえず写真を撮影したので、お披露目だけ。販売開始しました。(2008/8/2)

YouTubeにアップされている動画

トニー・ディクソンのフルートやホイッスルの演奏サンプルがYouTubeにたくさんアップされています。"tony dixon"で検索すれば見つかります。
『タイタニック』を一生懸命吹いていました。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

2008年07月30日

古代アナサジフルートを販売開始です

 

北米アリゾナ州のアナサジ洞窟遺跡から出土した1400年前の古代フルートついに日本に上陸。2008年7月30日現在、アナサジフルートを販売しているのは日本中で世界楽器てみる屋だけだと自負しています。一番乗り気持ちいいっ。人生においてなかなか味わえる快感ではありません。(よく抱きしめておこう。)

アナサジフルートは全長77cmの大型の縦笛で、指は届かない音は出ない、難しい笛です。そのため20世紀末に本国北アメリカでインディアンフルートのリバイバルが興ったときにも、ほとんど顧みられることはありませんでした。が、長尺を活かした豊かな低音と倍音特有の華やかな高音に惹かれ、演奏を志す人が少しずつ現れています。
» 古代アナサジフルートを吹いてみた(CD「RAINBIRD」から)
» 古代アナサジフルートを吹いてみた(おぼろ月夜)
» もっと試聴するならこちらへ

てみる屋で販売するアナサジフルートはBoxElder(トリネコバカエデ)製で、白地に淡い美しい木目が入っています。吹口に唇を近づけると木の香りがします、これは新品ならでは楽しみですね。表面はウレタン塗装?でしょうか、クラシックギターの胴体のようにツヤツヤのぴっかぴかです。

こんなマイナーで超ムズな笛を販売するのは正直、お店の自己満足以外のなにものでもないと思っていたのですが…びっくりなことに既に何本も予約が入っていてます。
お待たせしました、早々に配送いたしますので。

製作:ウェイキング・スピリッツ・フルート(北米)

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

2008年07月28日

インディアンフルートのCDを入荷しました

Ancient Voices

かつて北アメリカのサウスウェストに栄えた古代文化。忘れ去られたいにしえの物語をインディアンフルートが映画のようにドラマチックに描きだします。
1.Ceremony
» 他の曲の試聴はカタログページで


Totemic Flute Chants

2007年グラミー受賞作品。
鷲、コヨーテ、熊などおなじみの動物からサンダーバード、サーペントなど架空の幻獣まで、12匹のトーテムをインディアンフルートが歌います。
10.Eagle
» 他の曲の試聴はカタログページで


楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

2008年07月25日

竹笛LowD管の販売候補を見つけました

エリックさんからLowDの竹笛の仕入れを打ちきられてから、代わりの笛をずっとさがしてきました。「我らのバンブーフルートに絶大な誇りを持っています」と謳っているウェブサイトに期待して取りよせてみたら夏休みの工作みたいな物で途方にくれたこともありました、が。
ついにアタリを引きました。バンブー・アルケミーのフルートです。

素材の選択、加工、チューニング、仕上げ。すべてに心がゆき届いています。(ひどい竹笛を見せつけられたおかげで、ずいぶん目が肥えました。)肝心の音色は申し分なし。エリックさんの横笛よりもちょい、おとなしい音です。

「コンサートチューニングの笛は卸売りしたくないよ。」と釘を差されましたが。定価で仕入れてでも売りたい。薄利になっても店頭に並べたい。
今から熱烈ラブコールします。
LowDとGを仕入れました。8/8あたりに入荷の予定です。(2008/7/30)

おまけ

竹笛はもう期待できないとあきらめていましたから、思いあまって英国のトニー・ディクソンとの取引を進めていました。トニー・ディクソンのフルートとホイッスルは廉価なわりに品質のよい、取っつきやすい普及版?みたいな位置づけで初心者からプロまで人気があります。

LowD管のフルートと、ついでにLowD管のホイッスルも仕入れました。7/25に出荷すると言っていたから、8月頭には入荷します。

ABS樹脂のヘッドとアルミ管のボディの長さを変えてチューニングできるのでピアノなどコンサート楽器との相性は抜群。ステージだってラクラクこなせます。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

2008年07月02日

古代アナサジフルートを販売しますっ

今までもちらちら露出してきた古代アナサジフルート。北アメリカインディアンよりまだ古い先住民族の遺品。「ぜったいに売っちゃるっ」と誓ってから一年が過ぎました。商品化に向けて今年の初めから本格的に努力してきたのですが、つまずいてばかりで「年末までには何とか実現できるだろうか」としょんぼりしていたのですが。突然トントン拍子に話が進み販売開始の運びとなりました。
はっきり言って私は今びびってます。

販売は8月中旬に開始の予定。気が早いですけど初回入荷分を予約受けつけています。「いやもうずっと欲かった」という方はぜひご予約ください。
» 古代アナサジフルートのご予約はカタログページで

私が持っているのは黒っぽいですが、これは木目の美しい白っぽい外観。羽根飾りはボロボロになるので代わりに革紐を巻いてくれるそうです。

…なんていうか、話は突然に進展します。
もちろん私自身、努力しているという自負はありますがそうではなくて、なんというか。話がまとまったときの自分のアクションを振りかえっても、なにか特別なことをしたという実感がないのです。もちろんがんばりましたが、そのがんばり加減が今までと同じというか。
どういうんでしょうね。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

2008年07月01日

埼玉の鼻笛を販売開始しました

以前にちょろっとお知らせしました、埼玉の鼻笛を久須美陶房さんから卸売りしていただけることになりました。

埼玉の鼻笛はお面のかたちをした小さな陶器の笛で、鼻と唇にぴったり押しつけて鼻息で鳴らします。空洞共鳴の原理で鳴るので口笛やオカリナによくにたかわいい音がします。
» 埼玉の鼻笛の音
» 詳しい説明はカタログページへ

一ヶ月に3~5個入荷できるようです。価格は3,440円。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

2008年06月20日

インディアンフルートのDVDを発売します

ANCIENT LIGHT

ネイティブ・アメリカン・ミュージック・アワードの受賞者、スコット・オーガストのベストDVDを販売開始しました。

サウスウェストやフォーコーナーの風景にのせてインディアンフルートの調べが心にしみます。…本当に赤い大地なんですね。川の流れる緑の谷底から高い空を見あげて、古代インディアンは何を想ったでしょか。アナサジ遺跡や壁画もたくさん出てきます。
» 試聴する(Flash Player)
» DVDのお求めはこちら

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

2008年06月07日

エリックさんのアイリッシュフルートが販売終了

ウェブショップのトップページにも掲載していますが、エリックさんの製作する横笛(アイリッシュLowD管)が次の入荷で販売終了します。現在、次の入荷分の予約を受けつけていますので「エリックさんのLowD管をどうしてもほしかった」という方はカタログページで予約をお願いします。エリックさんのLowD管は予約を締め切りました。同じくらい良いもしくはそれ以上の横笛を仕入れるために今から他の工房と交渉しを開始ます。(208/6/12)

やわらかな音のするよい笛でした。低い音の好きな私は現在進行形でこの笛ばっかり吹いています。下はエリックさんの演奏。これです、この笛です。

これだけ気持ちよく吹けたら私なら一日中吹いています。これを見たから世界中から注文が殺到したのかもしれませんね。インターネットの影響ってすごい。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

2008年05月30日

ネイティブ・ラブフルートに新しいなかまが登場

LowD管のビッグベアといいます。
» こんな音

バードの形が熊のシルエットになっています。となりのソプラノリコーダーと比べてみてください。ごんぶとです、ソプラノリコーダーがすっぽり中に入ってしまいそうです。(本当に入ります。)

指穴の位置が吹口に近いので大きいわりには指穴を押さえやすい。息の乱れを整えるインディアンフルート独特の機構―空気室―も大きいので、音の立ちあがりと終わりがおっとりしています。ゆったりした曲むき。
価格は41,480円。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

2008年05月01日

新しいインディアンフルートを入荷しました

「インディアンフルートでふつうのドレミの曲を吹きたい」「ピアノと合奏したい」という要望にお応えして、新しいインディアンフルートを販売します。

コンサートピッチでドレミファソラシドを吹けるインディアンフルートです。
» こんな音

材質はアメリカアカスギ。指穴は6つ。おかけでドレミファソラシドを正確に鳴らせますが、かわりに運指はすこしむつかしくなります。音域がほぼ1オクターブしかないのはインディアンフルートなんだからしかたありません。
まずは扱いやすいAキーとEキーのフルートを入荷しました。

  • Aキーのドレミファソラシドはソプラノリコーダーと同じ高さ(C)です。
  • Eキーのドレミファソラシドはケーナと同じ高さ(G)です。

イージーストラップもれなくプレゼント

写真のAフルートに巻いてある革紐がそれ。上から3番目の指穴をイージーストラップでしばると5穴のフルートになります。これなら指穴を下から順にあけていくだけで簡単にインディアンフルートの伝統的な音階を吹くことができます。フィーリングで吹いても曲になるのは、インディアンフルートならではの楽しみです。

価格は(大きさにもよりますが)20,000円前後を予定。近日中に販売開始します。
販売を開始しました。 » 商品カタログはこちら

製作はスティーブン・デルビィー。ヨセミテ近くにある工房で40年以上も笛を作り続けてきたベテランです……卸しの商談が成立してホッとしました。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

前の10件 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14

みんなの掲示板

ご質問・お知らせなどがございましたら遠慮なくご投稿ください。

ユーティリティ

 

最近のトラックバック