-- カンテレ(2) --

前の10件 1  2  3  4

2016年01月15日

ミカさんのカンテレでサッキヤルヴェンを弾くには

kz160115.jpg

さっさと本題に入りましょうか。タイトルを見てこの記事を読んでる人には、今さら概説なんて不要でしょう。知らなくて読んでる人のために簡単に説明すると、「ガルパンはいいぞ」ってことです。

まず前提として、映画のサントラに使用されたサッキヤルヴェン・ポルカは、ミカさんのカンテレでは絶対にそのままでは演奏できません。★ サントラのアレンジは途中で転調しますし、ミカさんのカンテレはチューニングスイッチのない11弦の、いちばんシンプルなタイプだからです。

しかしながら映画のサントラのとおりでなくてもよいなら、チューニングを工夫することによって、ミカさんのカンテレでもサッキヤルヴェン・ポルカを演奏することができます。

チューニング

写真をご覧ください。
チューニングスイッチが付いているタイプであれば簡単です。高い音から3つのチューニングスイッチを倒すだけです。そうではなくて、ミカさんのと同様のチューニングスイッチのないタイプであれば、低い音から順に以下のようにチューニングします。

» A,B,C#,D,E,F,G,A,Bb,C,D

Audio Player

これはサッキヤルヴェン・ポルカ専用のチューニングです。こうすると他の曲は弾けなくなります。

そいういう意味で、ぱっとチューニングを戻せるチューニングスイッチ付きはとっても実用的っ、ぜひぜひ当店でお求めください。
»フィンランドのカンテレのカタログはこちら

演奏

カンテレは自分から見て、高い音の弦が手前に、低い音の弦が遠くになるように、テーブルや膝の上に置きます。

速いだけで、中身は繰り返しの多い簡単な曲です。
耳コピーでもマスターできるはずです。最初はいちばん高い音から始まります。最後のフィニッシュは、上の写真の×の弦を左指で押さえて、そのあたりの弦をまとめてじゃらーんとかき鳴らします。ミカさんも映画の中で同じことをやってますよ。

とりあえず、サッキヤルヴェン・ポルカの出だしのフレーズとフィニッシュだけマスターすれば、ミカさんの真似ができます、じゃらーん。

付録1)カラオケの伴奏を用意しました

私が動画で演奏しているカンテレの伴奏を、カラオケにしてニコモンズに登録しました。使ってください。これは…著作権フリーなので、有料会員でなくてもダウンロードできるはずです。
»カラオケ-継続高校のテーマ-サッキヤルヴェン・ポルッカ

付録2)MIDIファイルを用意しました

私の演奏動画を含む16パターンのMIDIファイルを用意しました。使ってください。これらは素材です、このまま聞いてもあまり楽しいものではありません。お手持ちの音楽ソフトでリアル音源を鳴らしたりエフェクタをかけたりして、オリジナルの伴奏を製作してください。
»biab160206.zip(MIDIファイル一式)

付録3)WAVファイルを用意しました

ミカさんが劇中で弾いているサッキヤルヴェン・ポルッカの出だしと、じゃらーんをWAVファイルにしました。Windowsの起動音にしたり、自分の動画作品の素材に使ってください。
»kantele00-160203.wav(サッキヤルヴェン)
»kantele01-160203.wav(じゃらーん)

★ そのままでは映画のサントラは弾けない
ミカさんのと同じカンテレだけは、外付けの半音スイッチを裏技的に使うことによって、映画サントラ版の『サッキヤルヴェン・ポルッカ』を演奏できます。これは外付けの半音スイッチが重要なので、他のメーカーのカンテレでは真似できません。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

2014年12月06日

北欧のカンテレ-この道-北原白秋

北欧フィンランドのお琴カンテレで北原白秋の『この道』を演奏しました。
運指は動画を一時停止しながら確認してください。コード進行を把握してしまえばそれほど難しい曲ではありません。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

2013年08月17日

カンテレ-大きな古時計

カンテレは北欧フィンランドのお琴です。『大きな古時計』を演奏しました。

曲について

『大きな古時計』は北米の民謡です。
作曲者はHenry Clay Workで、原題は『My Grandfather's Clock』。メロディの著作権はとっくに失効していますが、「大きなのっぽの…」という日本語の歌詞の著作権はまだ有効ですから、人前で歌ったりネットにアップするときは気をつけてください。

楽器について

北欧フィンランドのお琴カンテレは、元はテーブルの上に置いてちまちまとフィンランドの民謡を伴奏する小さな民族楽器でした。私が演奏しているのはウィングカンテレという、20世紀末に現れた新しいカンテレです。肩から下げてギターのように弾きます。

カンテレはコード奏法という珍しい奏法で演奏します。
ふつうの弦楽器のように鳴らしたい弦を弾くのではなくて、鳴らしたくない弦を左手で抑えて、右手で何もかも一緒くたにじゃーんと弾きます。コード奏法は弦の本数が少ない原始的なハープに見られる、古い時代の奏法です。

コード奏法の他にも、カンテレはふつうのハープのようにも弾きます。現在ではそちらが主流のようです。

CurveEQとGlissEQ

CurveEQはVoxengo社のイコライザです。
プロの音楽作品の雰囲気を自分の音楽作品にコピーするという、強力な機能を持っています。

今回はエニグマのCD『グレゴリアン』の雰囲気をコピーしてみました。エニグマ独特の澄んだ空気感を真似できたと思っています。

総じてCurveEQの効果は強すぎるので、別のイコライザを後ろに差して、もこもこする低音やきんきんする高音を抑える必要があります。

私はGlissEQを好んで使っています。このイコライザは、フィルタの掛かり具合を自動的に調節する機能を持っています。例えばもこもこする低音を抑えていても、高音のシンバルがバシーンと鳴った瞬間に低音を少し大きくして、全体的なバランスを取ろうとします。

「低音を抑えたクリアでそれでいて決して軽くない…」みたいな美味しいとこ取りの音を作ることができます。
» CurveEQとGlissEQのメーカーサイト

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

2013年06月07日

カンテレ-赤い河の谷間

カンテレは北欧フィンランドのお琴です。赤い河の谷間を演奏しました。

カンテレの記事にコメントが入っていたので、久しぶりに引っぱりだして弾きました。カンテレは今のところ私が演奏できる唯一の弦楽器です。

独特の動きをする左手が攣りそうですが……慣れるとギターやハープよりもずっと簡単に曲を覚え演奏することができます。少なくとも私はギターでこの曲をこのように弾くことはできません。2~8倍ほど簡単★ です。

楽器はハードウェアとソフトウェアで楽器です

カンテレは、楽器本体は板にドレミファソラシドの弦を張っただけの、世界中で見かけるありふれた設計の弦楽器です。独特で個性的なのは演奏スタイルです。

だから私はカンテレとは、楽器本体ではなく演奏スタイルの名称だと理解しています。本国フィンランドの人が聞くと「はあ?」ってな理屈でしょうが。そのように理解しないと、カンテレのカンテレらしさというものをはっきり認識することができません。

ゲシュタルト心理学に基づいた錯覚・空耳を積極的に利用するトリッキーな演奏スタイル。演奏している本人すら(なんでこれで曲になって聞こえるんだ?)と狐につままれたような気分になってしまう。そんな摩訶不思議さを広めていきたい。

★ 2~8倍ほど簡単
初心者の練習時間に換算してそんな印象です。
つまり、初心者がギターで8日かかってマスターするレベルの演奏を、カンテレだと1日でマスターできるという。初心者が、という条件が重要です。ベテランであればどんな弦楽器の演奏者であれ、赤い河の谷間くらい即興で演奏できるでしょうから。

カンテレに肩入れする気持ちは分かるが8倍は言いすぎだろう、
と思われるかもしれませんが。そもそもギターって発音効率が悪いです。原則として、1つの音を鳴らすのに左右の指を1本ずつ計2本の指を必要とします。ハープなら2本の指で2つの音を鳴らせます。カンテレもハープに準じますが、体感として、更にその倍の音が鳴っているように錯覚させます。他にもいくつか理由があって、だいたい8倍ほど簡単だという評価になります。

もちろんいいことばかりではありません。
この世は等価交換。カンテレは11個の音しか出せませんし半音も出せません。ギターよりも表現力が圧倒的に低いです、きっと1/8くらい。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

2011年10月08日

ウィングカンテレの弾き方、伴奏のコツ

ウィングカンテレは北欧フィンランドの新しい弦楽器です。
ウィングカンテレの弾き方教室第16回、メロディーの音を聞きとりやすいように伴奏するとベターです。
» 最近は『故郷』を練習しています。


伴奏とメロディーが渾然一体となった演奏

ウィングカンテレの演奏スタイルは(私の場合は特に)、伴奏をじゃんじゃん鳴らしながらその間にメロディーの音を鳴らします★1 。だから他の弦楽器―ハープ、ギターetc―のように、伴奏とメロディーがきれいに分かれて聞こえません。ごちゃごちゃに混ざって聞こえます。

それでもなんとなく曲になって聞こえるのは、いろいろ鳴りひびく音の中から的確にメロディーの音を聞きとることができる、高度な人間の聴覚機能に因るものです。ゲシュタルト心理学を積極的に利用するウィングカンテレは、とても興味深い楽器です。

とはいえ、ずっと同じ調子でじゃんじゃん伴奏されるとさすがに聞きとりにくい。メロディーが聞こえないこともあります。初めてその曲を聞く人にとっては尚更でしょう。

メロディーの音を聞きとりやすいように伴奏する

右手でじゃーんと伴奏を弾くとき、できるだけメロディーの音のあたりを狙って弾くといいです。よりはっきりメロディーが聞とれるでしょう。そんなに神経質にならなくてもいいです。「このへん?」と見当つけてざっくり弾くだけでも効果があります。たとえば、

  • メロディーが高い音の時は、高い音の方に寄って伴奏する
  • メロディーが低い音の時は、低い音の方に寄って伴奏する

と、おおざっぱに弾きわけるだけでも、かなりメロディーは聞きとりやすくなるはずです。

きちんとメロディーを弾いてもいいし、弾かなくてもいい

当たり前ですけど、きちんとメロディーを弾けばきちんとメロディーの音が聞こえます。他のふつうの弦楽器―ハープ、ギターetc―はみんな、そのように弾きます。きちんと伴奏を弾いて、きちんとメロディーも弾きます。もちろんウィングカンテレでもそのように演奏していいし、そうすると、雑味のない澄みきった音色になる効用もあります。

しかしながらウィングカンテレの魅力は、アタリ判定がでかい★2 というか、おおざっぱに弾いてもそれなりに様になるところだと、私は思っています。私のような弦楽器初心者でも、早くからそれらしい形に仕上がるので、楽しく遊べます。

伴奏とメロディーが渾然一体となった独特の音も、他の弦楽器では聞きません。珍しいといえば珍しい。せっかく北欧の珍しい楽器を弾くのだから、珍しい音を奏でたいです。ハープのような音がほしいなら、ハープを弾けばいいと思うのです。

今はよちよち弾いていますが、長年やっていればそれなりに上手になるだろうと、私は楽観していますよ。ハープやギターのようにぽろぽろと澄みきった音色を奏でる練習は、将来の楽しみにしておきます。今はおおざっぱにじゃんじゃん鳴らしています。

★1 伴奏の間にメロディーの音を鳴らす
じゃんじゃん伴奏を鳴らす間に、合いの手を挟む感じでメロディーの音を鳴らします。つまり演奏者の自覚としては、メロディーは断片的にしか弾いていません。曲によっては半分くらいしかメロディーを弾かないこともあります。どうしてこんなできちんとメロディーが聞こえるのか、弾いている本人がいちばん不思議だったりする。

★2 アタリ判定がでかい
思いだしてほしいのですが。凡そウィングカンテレ以外のすべての楽器で、「このへん?」と見当つけておおざっぱに弾いて、それでOKという楽器があるでしょうか。たとえばピアノを弾くとき、(ドの音って…このへんだっけ?)と手のひらでばあんと鍵盤を叩くようなものです。ギターはどうでしょうか。ウィングカンテレはそれでも様になります。

ウィングカンテレをコード演奏するとき、一本の弦のアタリ判定は4.9cm幅まで広がります。つまり(ドの音って…このへんだっけ?)といったとき、ウィングカンテレでは4.9cm幅の誤差が許容されるということです。見当つけておおざっぱに弾ける理由です。ちなみに我が家の小型ギターでは、4.9cm幅の中に6本の弦がぜんぶ入ってしまいますから、どれだけおおざっぱか分かろうというもの。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

2011年09月28日

ウィングカンテレの弾き方、一つの曲の練習期間

ウィングカンテレは北欧フィンランドの新しい弦楽器です。
ウィングカンテレの弾き方教室第15回、3日ほど弾いて気になるところを思いつかなければ完成です。
» 最近は『故郷』を練習しています。

気の早い話ですがウィングカンテレで何か曲を練習していたとして、
「よし。この曲は完成した、もう弾けるようになった。」というのは、なにを以てそのように判断すればいいのでしょうか。「間違えずに弾けるようになったら、じゃない?」というのも判定基準の一つですが、私としては、それはちょっと甘々な判定基準なのです。

私の場合(ここはこうした方がいいかな……)とチラとでも思ったら、そこを修正・改善します。そして一定期間(3日~1週間)たっても気になるところが見つからないようなら、それでひとまず完成したことにします。あるいは気になるところがあっても、今の自分ではどうしようもないようなら、やはりそれでひとまず完成したことにします。

たとえば新しい曲を覚えはじめた最初は、コードを押さえる順番すら分かりません。だからそれを覚えるのが課題です。コードを押さえる順番を覚えて伴奏が弾けるようになっても、まだメロディーが入っていません。だから伴奏の隙間にメロディーの音を埋めていくのが課題です。

伴奏もメロディーも出来たら、形としては一応完成ですけど。弾いていて気持ちいいか、ということが重要です。少なくとも弾いている自分自身が気持ちよくなければ、他の人に聞かせても芳しくありません。いやだってせっかく珍しいカンテレを独りぼっちで練習しているのですから、ぜひ人前で披露したいし、あわよくば拍手だって欲しいところです。

(盛りあがるところはもっと強く弾いた方がいいな)
(だったら逆にその直前は、わざと弱く弾いてみるか?)
(どうにも左薬指が遅れる…こりゃ特訓だな。)

チラとでも(こうした方がいい)と頭をかすめたなら、そのとおりに修正・改善します。最初は修正するところだらけですが、だんだん思いつかなくなり、最後には3日~1週間たってもどこが悪いか分からない、特に気になるところがない、という状況になります。そうなったらひとまず完成です。

あるいは気になるところはあるのだが…今の自分の技能ではどうしょうもない、それどころかどうすれば良くなるのかさえ分からない。という状況に陥るかもしれません。残念な結末ですが、これはこれで完成です。だって、今はもうどしようもないのでしょう?

数年後に突然(あいや考え方が逆だった、ここはむしろこう?)みたいに、気になるところが見つかることもあります。そしたらそのとおりに修正・改善します。バージョンアップです。結局、長い目でみるといつまでも未完成なのです。「今はこれで良し」という暫定的な完成があるだけです。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

2011年09月25日

ウィングカンテレの弾き方、コードの覚え方

ウィングカンテレは北欧フィンランドの新しい弦楽器です。
ウィングカンテレの弾き方教室第14回、私はこうしてコードを覚えました。
» 最近は『故郷』を練習しています。

カンテレは6つのコードが弾けます。たった6つしかないので、特にコードを覚える練習しなくても、いくつか好きな曲を練習していれば、いつのまにか覚えてしまうでしょう。

「ほぼどんなコードの流れでも弾けるようになった……ここらで完璧に覚えてすっきりするか」という段になって、初めてコードを覚える練習をすればいいかなと思ってます。やり方は掛け算の九九みたいです。Ⅰのコードを弾いて、Ⅱを弾いてⅠを弾く。Ⅰを弾いて今度はⅢを弾いてⅠを弾く。「ジャーン、ジャーン、ジャーン」てな感じです。

Ⅰのコードの練習…
Ⅰを弾いて→Ⅰを弾いて→Ⅰを弾く
Ⅰを弾いて→Ⅱを弾いて→Ⅰを弾く
Ⅰを弾いて→Ⅲを弾いて→Ⅰを弾く
Ⅰを弾いて→Ⅳを弾いて→Ⅰを弾く
Ⅰを弾いて→Ⅴを弾いて→Ⅰを弾く
Ⅰを弾いて→Ⅵを弾いて→Ⅰを弾く
Ⅱのコードの練習…
Ⅱを弾いて→Ⅰを弾いて→Ⅱを弾く
Ⅱを弾いて→Ⅱを弾いて→Ⅱを弾く
Ⅱを弾いて→Ⅲを弾いて→Ⅱを弾く
Ⅱを弾いて→Ⅳを弾いて→Ⅱを弾く
Ⅱを弾いて→Ⅴを弾いて→Ⅱを弾く
Ⅱを弾いて→Ⅵを弾いて→Ⅱを弾く
Ⅲのコードの練習…
Ⅲを弾いて→Ⅰを弾いて→Ⅲを弾く
Ⅲを弾いて→Ⅱを弾いて→Ⅲを弾く
Ⅲを弾いて→Ⅲを弾いて→Ⅲを弾く
Ⅲを弾いて→Ⅳを弾いて→Ⅲを弾く
Ⅲを弾いて→Ⅴを弾いて→Ⅲを弾く
Ⅲを弾いて→Ⅵを弾いて→Ⅲを弾く
Ⅳのコードの練習…
Ⅳを弾いて→Ⅰを弾いて→Ⅳを弾く
Ⅳを弾いて→Ⅱを弾いて→Ⅳを弾く
Ⅳを弾いて→Ⅲを弾いて→Ⅳを弾く
Ⅳを弾いて→Ⅳを弾いて→Ⅳを弾く
Ⅳを弾いて→Ⅴを弾いて→Ⅳを弾く
Ⅳを弾いて→Ⅵを弾いて→Ⅳを弾く
Ⅴのコードの練習…
Ⅴを弾いて→Ⅰを弾いて→Ⅴを弾く
Ⅴを弾いて→Ⅱを弾いて→Ⅴを弾く
Ⅴを弾いて→Ⅲを弾いて→Ⅴを弾く
Ⅴを弾いて→Ⅳを弾いて→Ⅴを弾く
Ⅴを弾いて→Ⅴを弾いて→Ⅴを弾く
Ⅴを弾いて→Ⅵを弾いて→Ⅴを弾く
Ⅵのコードの練習…
Ⅵを弾いて→Ⅰを弾いて→Ⅵを弾く
Ⅵを弾いて→Ⅱを弾いて→Ⅵを弾く
Ⅵを弾いて→Ⅲを弾いて→Ⅵを弾く
Ⅵを弾いて→Ⅳを弾いて→Ⅵを弾く
Ⅵを弾いて→Ⅴを弾いて→Ⅵを弾く
Ⅵを弾いて→Ⅵを弾いて→Ⅵを弾く

カンテレで演奏できるコードは6つしかありませんから、いくつか好きな曲を練習していれば、あらかた覚えてしまいます。カンテレを始めて3ヶ月あたりで、それまでの総まとめ的な意味で、コードを覚える練習をすればいいかなと思います。

カンテレを始めたばかりでいきなりコードの特訓をして「カンテレなんてうんざり。見るのもイヤ!」という結末だけは避けてください。最初は「カンテレって……なんだかおもしろい?」と実感するのがいちばん大切です。我ながら下手くそなんだけど、でもカンテレの音はいいよね。これで自在に弾けたらきっと楽しいだろうなあ、みたいな。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

2011年09月23日

ウィングカンテレの弾き方、左手の弾き方

ウィングカンテレは北欧フィンランドの新しい弦楽器です。
ウィングカンテレの弾き方教室第13回、左手は弦を引っぱるように弾きます。
» 最近は『故郷』を練習しています。

ウィングカンテレの演奏では、左手は弦を押さえる役目です。またジャンジャンと伴奏を鳴らす合間に弦をはじいたりもする、なかなか忙しいです。左手はふつうは不器用ですから、左手ではじいた音はどうしても弱々しくなってしまいます。

左手で弦をはじくときは、指の先端(ほとんど爪ぎりぎり)で弦を引っかけて、ぐいと垂直に引っぱります。汚い例ですが、肌のかさぶたを爪で引きはがす感じです。

私の場合、そうでもしないと左手で右手に負けない大きな音を出せないのです。コクレの名手ライマ嬢も、DVDを観るとそのような左手の動きをしています。だからそんなに間違ってはいないと思っています。

ほとんど爪で弦をひっかく感じなので、ギーンという音になります。もっと艶やかで、そして大きな音を出す弾き方があればいいのですが。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

2011年08月26日

ウィングカンテレの弾き方、メンテナンス

ウィングカンテレは北欧フィンランドの新しい弦楽器です。
ウィングカンテレの弾き方教室第12回、カンテレのメンテナンス(金属まわり)について。
» 16弦ウィングカンテレで即興演奏してみました
» 練習を始めて3ヶ月目の『アメイジング・グレイス』

カンテレの金属部品は錆びます。
ペグと弦はそれほどでもない★1 のですが、バーが錆びます。蒸し暑い夏場はハードケースに収めていても真っ赤になります。

ネットで調べた感触として、涼しく乾燥したフィンランドでは、カンテレはそれほど錆びないようです。「鉄で出来ているんだから少しくらい錆びるでしょう」と、のどかなものです。もともとヨーロッパの人にとって、アジアの錆害は想像を超えているところがあります★2 。だからこの件は、私たち自身でなんとかするしかありません。

バーは太い鉄の棒で出来ています。だからこれの表面が錆びたからといって、すぐにカンテレがだめになるとは考えられません。しかし見た目は最悪だし、このまま錆が進むと…と想像すると気持ちのいいものではありません。一度錆を落として、表面保護剤でコーティングしておくといいでしょう。


用意するもの

錆落とし剤
ここで使用したのはギター用の『FERNANDES SCRATCH MENDER 946』
表面保護剤
ここで使用したのはギター用の『FERNANDES SURFACE PROTECTOR 956』
水糸
ここでは7号を使ったけど、もう少し細い方がよかったかも。
ハサミ、爪楊枝、ティッシュペーパー
ハサミは水糸を切るのに使う。爪楊枝は細かい作業用

バーの磨き方

  1. 水糸を1mくらい切る
  2. 切った水糸をバーにくるっと巻きつける
  3. 爪楊枝の先で錆落とし剤をすくいバーにこすりつける
  4. 水糸を両手で持ってバーをごしごし磨く
  5. 水糸の錆落とし剤の付いていない部分で更に磨く
  6. 水糸を新しいのに取りかえる
  7. 爪楊枝の先で表面保護剤をすくいバーにこすりつける
  8. 水糸でバーをごしごし磨く
  9. 水糸の表面保護剤の付いていない部分で更に磨く

弦の磨き方

せっかくの機会ですから、いっしょに弦も磨いておくといいでしょう。

  1. ティッシュペーパーを小さくちぎって錆落とし剤をつける
  2. 錆落とし剤をつけたティッシュで弦をごしごし磨く
  3. 新しいティッシュをちぎって、更に弦をごしごし磨く
  4. ティッシュペーパーを小さくちぎって表面保護剤をつける
  5. 表面保護剤をつけたティッシュで弦をごしごし磨く
  6. 新しいティッシュをちぎって、更に弦をごしごし磨く

★1 ペグと弦はそれほど錆びない
程度の問題でやっぱり錆びます。一度磨いて表面保護剤でコーティングしておくとしばらく錆びません。

★2 ヨーロッパの人はアジアの錆害を想像できない
そのような逸話はいくらでもあります。うちで販売しているドイツのカイサドラムも、初代バージョンは錆びました。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

2011年08月16日

カンテレの運指 『ほかほか十字パン』

『ほかほか十字パン』 はマザーグースに納められた歌の1つです。
英国では、磔にされたキリストの復活を祝う祭―イースター祭―の朝に、十字の入ったパンを食べるのが習わしです。

ほかほか十字パン、ほかほか十字パン
1つ1ペニー、いや2つで1ペニーだ
お嬢さんがいないなら息子さんに買っておあげ
ほかほかの十字パンだよ!

こんな歌を歌いながら十字パンを売り歩く商人の姿が、祭の朝の風物詩でした。今はスーパーで買った冷凍パンをレンジでチンして食べるとか。

ほかほか十字パン

ソーファーミー    ソーファーミー
ソファミレ ドレミファ    ソーソードー
レレレレ レードー    レドシラソー
ソファミレ ドレミファ    ソーソードー

かんたんな曲ですし、メロディーだけ弾けばいいのかなと思ってます。
それだけだと寂しいので、ときどきジャラーンと伴奏を入れます。

念のため左手は伴奏コードを押さえておきます。いつでも気が向いたらジャラーンと伴奏を入れられるように。それと、コードを押さえた左手が目印になって、弦を弾き間違えないという利点もあります。

伴奏はほとんどⅠ(ドミソ)のコードで、一部だけⅤ(ソシレ)のコードを使っています。これは楽勝でしょう。初心者が左手の練習をするのにちょうどいいです。私もカンテレを持ったら指慣らしにこの曲を弾きます。

楽器があればもっと楽しい毎日
» 変わった楽器、珍しい楽器の販売は世界楽器てみる屋

前の10件 1  2  3  4

みんなの掲示板

ご質問・お知らせなどがございましたら遠慮なくご投稿ください。

ユーティリティ

 

最近のトラックバック