-- インディアンフルート(1) --

1  2  3  4  5

2021年07月29日

インディアンフルート - ARTNAF041 Artem作、朽ち木、C_01

Altem氏のインディアンフルートを本人が試奏。
目を閉じて聴いていると…ふぉおおおっ!私は今ヨセミテの大森林の中にいるっ!という妄想は置いといて。こう、清流さらさら流れる木陰のキャンプ場で吹いたりすると最高でしょうね。ああどっか行きたい。お求めは
»http://gakki.temiruya.com/archives/1000/1012/

ふつうのインディアンフルートの吹き方についてはこちら。
» ウェブサイト 『インディアンフルートの吹き方』

楽器があればもっと楽しい毎日
» インディアンフルートの販売は世界楽器てみる屋 ―日本に通じる音色―

2021年07月26日

インディアンフルート - ARTNAF042 Artem作、朽ち木、G#

Altem氏のインディアンフルートを本人が試奏。
ところどころ日本っぽくも聞こえる。誰もいない孟宗竹の林で吹いているような。インディアンフルートの音階はマイナーペンタトニックという音階で、日本民謡と同じ音階。私も吹いてみようかなと思ったら
»http://gakki.temiruya.com/archives/1000/1012/

ふつうのインディアンフルートの吹き方についてはこちら。
» ウェブサイト 『インディアンフルートの吹き方』

楽器があればもっと楽しい毎日
» インディアンフルートの販売は世界楽器てみる屋 ―日本に通じる音色―

2021年07月23日

インディアンフルート - ARTNAF044 Artem作、朽ち木、F#

Altem氏のインディアンフルートを本人が試奏。
夜中にインディアンの青年は好きな娘がいる家の外でこの笛を吹いたそうな。娘が出てきてくれたら今晩OKよ!無視されたら諦めて帰れって約束事だったそうな。私も吹いてみようかなと思ったら
»http://gakki.temiruya.com/archives/1000/1012/

ふつうのインディアンフルートの吹き方についてはこちら。
» ウェブサイト 『インディアンフルートの吹き方』

楽器があればもっと楽しい毎日
» インディアンフルートの販売は世界楽器てみる屋 ―日本に通じる音色―

2021年07月21日

インディアンフルート - ARTNAF043 Artem作、朽ち木、A#

Altem氏のインディアンフルートを本人が試奏。
大昔に石器で作っていた当時の意匠を再現した朽木のインディアンフルート。旋盤やガンドリルで大量生産した工業製品とは違い、一つとして同じものが出来ない。自分だけのインディアンフルートを探していた人は
»http://gakki.temiruya.com/archives/1000/1012/

ふつうのインディアンフルートの吹き方についてはこちら。
» ウェブサイト 『インディアンフルートの吹き方』

楽器があればもっと楽しい毎日
» インディアンフルートの販売は世界楽器てみる屋 ―日本に通じる音色―

2021年06月24日

イーグルボーン・ホイッスルを試奏

鷲の翼の骨で出来た北米インディアンの笛(※陶器のレプリカ)。よく通る甲高い音。きっと山野で吹くと気持ちいい。夏のキャンプにいいかも、って思ったら
»http://gakki.temiruya.com/archives/1000/11963/

ふつうのインディアンフルートの吹き方についてはこちら。
» ウェブサイト 『インディアンフルートの吹き方』

楽器があればもっと楽しい毎日
» インディアンフルートの販売は世界楽器てみる屋 ―日本に通じる音色―

2021年06月09日

インディアンフルート - ARTNAF036 竹、Bbmin, short

カイポラ工房のインディアンフルートを試奏。
レ,ミ,ソ,ラのたった4音で大平原の夜明けを表現した曲。インディアンフルートの音域は1オクターブ。ええっモダンフルートなんか3オクターブだよ!…違う、インディアンフルートはそっち方向じゃない。お求めは
»http://gakki.temiruya.com/archives/1000/1012/

ふつうのインディアンフルートの吹き方についてはこちら。
» ウェブサイト 『インディアンフルートの吹き方』

楽器があればもっと楽しい毎日
» インディアンフルートの販売は世界楽器てみる屋 ―日本に通じる音色―

2021年05月29日

インディアンフルート - ARTNAF040 竹、highFmin, pendant

カイポラ工房のインディアンフルートを試奏。
小さな竹のインディアンフルート。甲高い音。これは小鳥が鳴いている様をうたった曲。キョキョッという装飾音は左人差指の指穴をタタンと素早く叩いて出します。紐で首から提げることができる。お求めは
»http://gakki.temiruya.com/archives/1000/1012/

ふつうのインディアンフルートの吹き方についてはこちら。
» ウェブサイト 『インディアンフルートの吹き方』

楽器があればもっと楽しい毎日
» インディアンフルートの販売は世界楽器てみる屋 ―日本に通じる音色―

2021年05月28日

インディアンフルート - ARTNAF034 竹、Fmin

カイポラ工房のインディアンフルートを試奏。
これはFキーの笛。標準のGキーよりも落ち着いた音色に聞こえる。因みにビブラートはインディアンフルートを吹きながら「ふっふっふっふっ」と笑うとできます。5穴なので初心者でも覚えやすい。お求めは
»http://gakki.temiruya.com/archives/1000/1012/

ふつうのインディアンフルートの吹き方についてはこちら。
» ウェブサイト 『インディアンフルートの吹き方』

楽器があればもっと楽しい毎日
» インディアンフルートの販売は世界楽器てみる屋 ―日本に通じる音色―

2021年05月26日

インディアンフルート - ARTNAF037 竹、Emin

カイポラ工房のインディアンフルートを試奏。
これはEキーの笛。インディアンフルートの標準のキーはGキーと言われてますが、個人的にはこのくらい低い音の方が落ち着いて聞こえて好き。木霊がよく反響する岩山や洞窟で吹くと最高でしょう。お求めは
»http://gakki.temiruya.com/archives/1000/1012/

ふつうのインディアンフルートの吹き方についてはこちら。
» ウェブサイト 『インディアンフルートの吹き方』

楽器があればもっと楽しい毎日
» インディアンフルートの販売は世界楽器てみる屋 ―日本に通じる音色―

2021年05月25日

インディアンフルート - ARTNAF039 竹、Bmin, double

カイポラ工房のインディアンフルートを試奏。
同時に複数の音を演奏できるインディアンフルートはそれぞれ製作者の工夫があってどれも興味深い。聴く人に強いインパクトを与えるので、ステージ演奏用に1本は持っておきたい。お求めは
»http://gakki.temiruya.com/archives/1000/1012/

ふつうのインディアンフルートの吹き方についてはこちら。
» ウェブサイト 『インディアンフルートの吹き方』

楽器があればもっと楽しい毎日
» インディアンフルートの販売は世界楽器てみる屋 ―日本に通じる音色―

1  2  3  4  5

みんなの掲示板

ご質問・お知らせなどがございましたら遠慮なくご投稿ください。

ユーティリティ

 

最近のトラックバック